Home > 大里校

大里校 Archive

大里校の正面突破ブログ(112)

金木犀と俳句添削

今年は金木犀(きんもくせい)の香りを楽しめたのは3日間あったかどうかでした。
あの猛烈な台風で吹っ飛んでしまったんですよね。
とても寂しい今日この頃です。

というのも、
金木犀は私にとって俳句に興味を持つきっかけだったんです。
突然ですが、俳句を作り始めた大学生の頃の
拙句を披露させていただきます。

金木犀風に吹かれて花の塚

金木犀の花弁が風に吹かれて、落ち重なっているところ
を「花の塚」と表現してみたのですが、

私の俳句の師匠である関森先生に
「俳句で花といえば、桜を指すことになっている。
上五がキンモクセイの字余り(6音)も気になる。
上五を『木犀の』と「の」で受けて中七につなげた方が良い。」
と指摘していただき、次のような添削例を示していただきました。

木犀の風に吹かれての塚


「ここに金がくるのかー!」
ってシヴィれました。

この添削で俳句の深遠な世界を垣間見ました。

そういうわけで、
金木犀は俳句や表現について
興味を持つきっかけとなった特別な花なのです。

白石

文理学院オフィシャルホームページ

大里校の正面突破ブログ(111)

定期テストが終わるやいなや
英検合格に向けて頑張る
君たちは輝いている!


今週月曜日に中間テストが行われた城南中の3年生、
昨日、水曜日に中間テストが行われた上条中の1・3年生が
黙々と英検合格に向けて過去問にアタックしていました。

3級を受験する生徒達には、大問4ライティングの添削を
3回分実施。解答の様式に沿った英作文が書けるように
なりました。理由となる英文のツボをだんだんつかんで
きましたね。さらにリスニング演習、分からない語彙の
確認も徹底して行いました。これらの勉強はそのまま
今月末に行われる第1回校長会テストにもつながると
思います。

4級を受験する中1の塾生とは単語の発音と意味を
面々授受でがっつり行いました。加えて、リスニング
対策もばっちり。ポカさえなければ満点あるかも。

英検は今週土曜日!
全員合格するぞ!


大里校 白石





文理学院オフィシャルホームページ

大里校の正面突破ブログ(110)

明日は第1回教達検!
各先生からメッセージがあります。

由井建先生より
「今までやってきたことをすべて出し切れば、
おのずと結果はついてくる!」


↑ 真面目なメッセージです。「すべて」というところがポイントですよ。
そして、結果は後です。試験中に結果のことを考えてはいけません。
すべてを出し切ることに集中しましょう。

田中一彦先生より
「空気を読むな、問題を読め!」

↑面白いメッセージですが、これがなかなか深いですよ。
時間を削りにくる問題、心を折りにくる問題が出題されるのは当前のこと。
テストや教室の空気、はたまた自分の心に飲まれてしまうことがあってはいけません。
問題を読むことにこそ集中しましょう。ただひたすらに読んで、手を動かしてください。

白石より
「戦わなければ勝てない!」
↑『進撃の巨人』に出てくる言葉です。
周囲との競争よりも、自分自身との勝負にこそこだわってください。
時間を余らせても、持ち帰ることはできません。
最後の最後まで見直しをしてください。

頑張れ、文理生!
大里校 講師一同より 

文理学院オフィシャルホームページ

本日(9/4)の授業について

中学生の授業は実施しますが、
出欠席はご家庭の判断に
お任せします。

安全最優先でお願いします


大里校 白石

文理学院オフィシャルホームページ

大里校の正面突破ブログ(109)

春期講習
ありがとうございました!

昨日と今日で欠席補習が終了、
家に帰るまでが遠足よろしく、
文理は
欠席補習が終わるまでが講習です(笑)


講習中の楽しかったエピソードはいろいろありますが、
小4の講習生たちがとても前向きで良かったです。
中でも一番盛り上がったのが、
金子みすゞさんの口語定型詩
「お魚」の暗唱&発表

最初は恐る恐るだったのが、3日目、4日目には
自分からグイグイ言ってましたね。素晴らしい!
これからも
ちょっと無理かもぐらいのことに
挑戦してください!

そうすると、
今回みたいに気分がいいですから!

分かる人には分かりますけど、
秋山拓巳選手のホームランぐらい気分がいいですから!
※曾原先生のインフル完治を祈念して(笑)

(白石)

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 大里校

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top