Home > 中原校

中原校 Archive

中原校(493回):【9月入塾受付中】

9月入塾受付中!

👨👩👧👦

KIMG5097.jpg

昨日、今日で中学生にも9月初旬から10月上旬の時間割をピンク色の紙で配布しています。ご確認くださいね!さて、夏期講習生から新たに加わった小学生も昨日から元気に勉強を始めていますが、中学生の入塾受付も始まっています。同時に、現在募集しているのは・・・

「文理の夏期講習に参加していない生徒さん」の9月入塾も募集しています。お気軽にお問い合わせくださいね!!

🐶明日は「休講」です。8/20(月)は正午開錠です!

文理学院オフィシャルホームページ

中原校(492回):【事務所掲示】

定期テストまで10日ほど!

末広・豊田以外の中学生は、あと10日ほどで「定期テスト」です。
準備は大丈夫かな??中1・中2英語は8/2(木)・3(金)から夏期講習テキストも含め「テスト対策授業」を実施してきましたので、かなり心配な生徒もおりますが、全体的には仕上がってきている生徒が多いです。(心配な生徒は来週から「個別に呼んで教えていきます」ので、一緒にがんばりましょう!!)今日の中2Sクラス「実戦問題」、中1と中2Aクラスは「一緒に解こう実戦問題」です!何年教壇に立っていても、悩ましいのは英語が苦手な生徒の得点アップです。凄くうまくいくケースもあるのですが、なかなか思うようにいかないケースも少なくありません。それでも色々と考え、工夫しながらの日々であります。



食うだけ食って、寝るだけ寝て、時間が無いなどと云うな!

校舎と家にある日めくりカレンダーには、こんな文句が書いてあるページがあります。「時間を惜しまず。。。」とよく聞きますが、これがなかなか難しいんですよね。難しいので、校舎のカレンダーは常にそのページが開いています。意識するようにです。また、中原校の事務所の壁にはこんなものも貼ってあります。

KIMG5095.jpg

これは昨年、今年の文理学院の社内スローガンなんですが・・・。
6月上旬に数名の管理職に「今年のスローガンは何だった??」と聞くと、なんとビックリ答えられない人間がちらほら。「そんな管理職が、気持ちよくいきいき働ける職場を作れるはずはないわな!」と一喝。その翌日、これが貼ってありました。杉山校舎長が掲示しました。ここなんです、大事なことは。「気づき、感じて、反省し、すぐに行動を起こす」ということです。自分のダメさを認識し、直そう直そう直そう直そうと常に意識して「直す」ということ。これができる人間にならなくてはなりません。しかし、人間は弱くて自身に甘いもの。だから、常に意識するために、あちこちに掲示をして・・・ということなんですね~。あるじゃないですか!!「めざせ東大」なんて部屋のあちこちに貼って、ハチマキして受験勉強なんてのが。「古ッ」と思う方々がいらっしゃるかもしれませんが、そうではないんです。真剣に考えていれば、わかる人間にはそのうちわかります。


自分のダメさを心の底から認めることが、成長の第一歩。

変わりたい、成長したいと常に思っている人間のみが、本当の成長に繋げることができます。塾生諸君!君たちは、この夏、成長できたかな??成長できていると、私たちも嬉しいです!!

文理学院オフィシャルホームページ

中原校(491回):【小学生英語📒】

今日も出社後、たったか、たったか仕事を進め、久しぶりの小学生授業です。英語は通常全4クラス(水×2クラス・木・金)となりました。私が担当するのは英検5級コースでして・・・

小学生英語・再始動!!

KIMG5086.jpgKIMG5087.jpg

英検5級コースは予告してあったテストを実施しました。結果は・・・33点満点の英検形式のテストでしたが・・・

Yさん 33点満点!
Aさん 32点
Uさん 31点
Aさん 31点
Mさん 30点
Uさん 29点
Aさん 28点
Tさん 27点


といった感じでした。その他の生徒は私から雷をドカンドカン落としました!2人が涙ポロポロ。来週水曜日の授業までに2回文理に来て勉強し、質問して完璧に近づけるよう檄を飛ばし返しました。怒られた瞬間はそれなりの顔をしますが、そこは小学生。ケロッとして話しかけてくるところは逞しい。


9月入塾生募集中!小6中学準備英語クラスは(水)or(木)で通塾OKです!


🐴🐴🐴👨

髭剃りを買いました。数年前に「ジャパネットたかた」で買ったブラウンの髭剃りを寝ぼけていて壊してしまいました。中3英語教科書でも出てくるRepair(修理する)は不器用な私には無理そうであったため、出社前にヤマダ電機で新調しました。今朝、使ってみましたが、やはりシリーズ9は剃り心地がよっかったです。

KIMG5081.jpg

「安物買いの銭失い」という言葉がありますよね。確かにそう思うのです。自分にとって毎日使う「必須アイテム」はやはりいいモノを使いたいですね。年齢とともにそのような意識になってきているように思います。自身をモチベートするためにも、気に入ったモノを使いたいですね。いい買い物ができました。

文理学院オフィシャルホームページ

中原校(490回):【500回目前のetc】

2017年1月4日に書き始めた中原校ブログもそろそろ500回を数えます。書く内容によってかなりの関心を集めるものもあるようですし、富士宮西校舎・中島校舎・唐瀬校舎・長田校舎に引き続き、中原校舎で書いているブログをかなり以前から読んでいただいている方々もおり、励みになっています。プライべートの内容から政治ネタまで、幅広く書く中で意識しているのは①教師の(教室の)雰囲気が伝わる、②教育に対する考え方が伝わる、③知見を広げてもらうなどです。今後ともよろしくお願いします。

🐶🐶👩👧

知見。

直属の社員と電話などで話をする機会がたびたびあるのですが、最近は「知見と良識」について話す機会が少なくないです。特に経営職層・管理職層に身を置く人間に必要なことは、この「知見と良識」です。学校の教師や塾の先生の怖いところは「お山の大将」、「視野が狭い」、「知見に乏しい」、「社会人としての常識に欠ける」などです。特に1ヶ所でずっと仕事をしていると、そのような落とし穴に嵌る人間がいます。その人間は自分自身では気づいていないのですが、そのような落とし穴に落ちているのです。他塾の方々でもこれを読んでいる方々は頷ける話ではないでしょうか。上司にも、同僚にも、部下にもいますよね。私の会社にもいます、残念ながら。

こんな話を書くのには、理由があります。
文理学院は「日本一働きやすい塾」を目指しているわけですが、地域や校舎によっては、そうなっていない場所も残念ながらあります。それは、その組織をまとめる「長」の力量・・・「知見と良識の欠如」によるものだと私は考えています。生徒数や合格実績が高いから評価されるという評価軸は少なくとも校舎長までは大きなものですが、それ以上になるとそんなことよりも大切なことがあります。

話は少しずれますが、私の直属の部下Aさんは、ここ数年「運営の難しい校舎」を担当しています。正直、大変なミッションを抱えていると言っても過言ではありません。その社員と先日1時間電話で話をしました。色々な苦労があるようですし、なかなか思うようにいかないこともあり、苦しみながら、同時に結果に対する責任も感じています。そのAさんに私は次のようなことを伝えました。

「だからいいんだよ。転勤や転属でいろいろな地域を経験し、大成功も失敗も経験している。まさに、それこそが知見を深めているということで、これから先のことを考えたら先行投資中だと思えばいいさ。先々、大きな組織を纏めることになった場合、そのような経験を積んできた人間のほうが必要だよ。そのような経験を積んできた人間を会社も求めていると思うしね。あとね、受け入れるということが大切。いい状況の時にはその人の人間性はあまり目立って表面に出てこないけど、逆風に晒された時には人間性がもろにでる。そんな時には、ありのままを受け入れることよ。全ては自身が蒔いた種。いい種を蒔いている時期もあれば、悪い種を知らず知らずに蒔いている時もある。すべては自分の蒔いた種から生じると、目の前で起こっている事象を受け入れることができるようになるといいね。私なんかここ数年ずっとそうだよ。受け入れる力は生きていく上ですごく大切なキーワードだよ。」などなど・・・いずれにせよ、私の期待するAさんには、現状から多くのことを学び、この先のキャリアアップに繋げてほしいと心から思うわけです。


昨年11月に学研にグループインしたことで、経営職層・管理職層に求められるものや、評価軸は今後も大きく変化していきます。個人的にもそれは本当に素晴らしいことだと考えています。なぜって??「変化と成長の機会を会社にも社員にも与えることになったから」です。そして、自然界でもそうであるように、変化に対応できなくば、居場所を変わってもらうしかないのです。その上で繰り返しになりますが、経営職層・管理職層に身を置く人間には知見を深め、良識を携える努力を重ねてもらわなくてはなりません。それが部下の成長・幸福につながり、延いては塾生たちの成長に繋がっていくと信じています。


昨日の夜は杉山先生と①たった一言で常識のあるなしが決まる、②和して同せず、③言葉のもつ力・・・などについて話をしました。会議で話す内容よりも、ずっと実になる話が詰まった立ち話。たまたま、小森校舎長、山西校舎長とも電話で色々話を聞いたり、したりできた昨晩。「仕事は想像力」、「会社の課題」などなど。私には相談できる人間がいるので、とても助かっています。



🐟🐟🐟🐟🐟

昨晩のNHKは原爆・被爆特集。

昨晩は帰宅後、NHKの2つのチャンネルで2時間ほど「広島」と「長崎」についての特集番組を見ていました。Eチャンネルではスーザン・サザードさんが書いた「NAGASAKI」という書物を紹介。長崎で被爆した人たちのその後の人生を赤裸々に綴ったドキュメント。それをめぐるアメリカの大学生の本音などが流されました。Gチャンネルでは昨年私が訪れた広島市比治山にある「放射線影響研究所」(前身はABCCというアメリカが被爆者を検体する組織)と被爆二世に関する特集でした。すでに知っている知識もありますが、それ以外にも(特に長崎については)大変な勉強になりました。改めて、放射線のもつ恐ろしさ、核兵器や原子力発電に対する恐怖を感じることができました。TBSの「NEWS23」では女性の視点での満州を特集。毎年、この8月はいろいろと考えさせられます。昨日までツインメッセで開催していた「核なき世界」もゆっくりと見てきましたが、これから大人になる世代・・・つまり、我々が指導している生徒たちのことを考えると、核兵器廃絶は急務であると思うのです。

KIMG5060.jpgKIMG5069.jpg

文理学院オフィシャルホームページ

中原校(489回):【合宿の様子】

こんにちは杉山です。

豊田中、安倍川中、翔洋以外の中学は
定期テストまで2週間を切りました!

内申点で悔しい思いをした先輩もたくさんいます。
この2週間は定期テストに向けて追い込みをかけていきましょう。

以下は合宿での生徒の様子です!

女子①

サッカー部

吹奏楽


文理学院オフィシャルホームページ

Home > 中原校

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top