Home > 唐瀬高等予備校

唐瀬高等予備校 Archive

8月15日ですから

戦争は絶対に起きてはいけないこと、と強く思いながら、この平和な世の中に感謝しましょう。

これまで、この平和の礎を作ってきてくれた方の分まで、充実した人生を送りましょう。

茨木のりこさんの作品に
    「私が一番きれいだったとき」
という詩があります。考えさせられるものがります。もしよかったら調べてみてください。

最も輝ける年代に、輝くことを否定するような外圧もない環境に身を置けるのですから、存分に輝いてほしいと思います。別に刹那主義を広めようとしているわけでありません。

将来輝くために、今すべきこと、できることに懸ける。この姿はきっと輝いていることでしょう。

                                 ね                    【い】

文理学院オフィシャルホームページ

平和について考える月

社長のブログに書かれています。

私も、少し書いてみます。
戦争に勝った国は、常に「世界平和のために。」という。
間違った方向へ進むのを食い止め、正しい道へと戻すために戦った、と敗戦国は言える機会を伺う。
争った双方が“後の世のため”に戦い、多くの人が命を落とした。これが戦争。どううまく取り繕っても権力者の“覇権争い”でしかない。戦争とはとても恐ろしく、「兵士は殺しても、殺されてもかまわない。」正気の沙汰ではない。この狂気、それでも支えていたのは、“後の世の人のため”であったと思う、というか、そう考えなければいけないと思います。

後の世の人とは、私も含めいま日本で、世界で生きている人。

誰かの犠牲の上に成り立っている、これが世の中です。私たちが絶対に忘れてはいけないこと。平和について考える、とはそういうことだと思っています。

歴史は検証できない。事実は勝者により都合よく書き換えられるからです。時の権力者に、陰に追いやられた人、勝者が葬った悪事、いくつもあるでしょう。

だから、私たちは今、共存すべき誰かを故意に犠牲にして生きることは許されない筈です。でも、誰かを傷つけたり、誰かに傷つけられたりすることが日常です。傷つけないように、傷つかないようにというのはほぼ不可能です。

平和について考える、それは、今の世はこれまでの多くの犠牲にの上に成り立っている、例えば、戦争で戦い、命を落とされた方は、きっと、後の世の人(もっと言えば家族)が幸せになるようにと、それだけを願い、文字通り命を懸けたのだと思います。だから、せめて私たちは幸せにならなければならない、それは豊かになる、と同義ではないということだと思います。誰かを傷つけて幸せになれない、傷つけたら、作用反作用的に傷つかないといけない。それを再認識することだと思います。一方で、そう思うには、世の中が少し豊かになりすぎた気がします。

高校生の皆さん、大人になる過程で後の世にどんなものを残したいですか?偉そうに言う私は、後世に残せるものなんてないかもしれません。しかし、生まれてからずっと、おなか一杯に食事をしたことがない子どもを何とかしたい、とは思っています。

皆さんが今、取り組んでいるのは当に学力という“力”を身に着けることです。その過程で間違えないように、そして得た力を間違って使わないようにしてほしいと思います。今は力をつけるときです。権力、財力、世の中には“力”とつくものがたくさんあります。力を畏れる、ということを学んでください。                    【い】

文理学院オフィシャルホームページ

残暑お見舞い申し上げます。

立秋を過ぎたので、残暑。

10月10日体育の日、1964年東京オリンピック開会式の日、当時晴れる確率が最も高いとされていた日。今はハッピーマンデーで、曜日で決まる。明日は山の日。なにやらいろいろ変わる。風情が・・・。

これからが酷暑本番といったところですが、残暑。

ひとつ。平均的な気温は年々少しずつ上昇していますが、エアコンもなく、もっと言えば扇風機もない時代の人の体感は、現代の比ではなかったかもしれません。そんな時「こんな暑さも もう少しだから・・・、あと少しの辛抱だから・・・。」とつけたのが“残暑”だったとしたら、このセンス素晴らしいと思いませんか?(本当の起源、由来は生じ知りませんので、適当な解釈です。あしからず。)

受験生の皆さん、あと少し、本当にあと少しです。気を抜かず、全力で走り切りましょう。

毎朝10時から自習室を開けて待っています。お盆も関係なく、毎日。

「お盆に勉強?」時代が違えば、とんでもないことかもしれません。風情が・・・。そんなこと言ってられないでしょ!

なんとも人間は都合がよい生き物だ。                 【い】

文理学院オフィシャルホームページ

信じられる人

裏切らない人?ちょっと違う。
信じてくれる人?これもちょっと・・・。
そうです“信じられる人”ではなく、“信じたい人”でした。

私の周囲には“信じたい人”がたくさんいます。とても幸せなことだと思いました。

受験生の皆さん、皆さんのことを信じ続ける人がいますよ、気付いていますか?それは家族です。その信じている人は、きっとこう思っているはずです。

「全力でがんばれ、心が壊れるほど勉強はしなくてよいけど、壊れないなら歯を食いしばって勉強しろ。」

最近、だらだらしている3年生をとても厳しく指導しています。親がお金を出し、学ぶ場を用意してくれるのに、まじめに取り組まない。裏切られても信じ続けてくれる人と分かっているのに、その行動は「卑怯」そのものだからです。

勉強ができるかどうかは結果の話。全力で取り組んだかどうかは経験の話。結果は3月にならないと出ない。今は過程。

“信じたい人”がいることよりも“信じてくれる人”がいてくれるほうが幸せななのか。       【い】

文理学院オフィシャルホームページ

【唐瀬校】通常授業再開のお知らせ【高等部】

こんにちは。唐瀬校舎の千葉です。

暑い日が続きますが、熱中症に注意して水分補給も忘れないようにしてください。小中学生の夏期講習がスタートしていますが、高等部は、8月6日(木)から通常授業を再開します。時間割を確認の上、忘れずに出席してください。

Cタームも8月4日の今日で終了です。E3Hの夏期講習の授業とE3Sの特別講座は模試のため、8月2日~5日にずれたので、明日8月5日もE3Sが3時30分から、E3Hが5時からありますので忘れずに。また、8月6日(木)は5時から共通テスト予想問題演習を希望者で実施します。夏期講習から来た生徒も問題を用意しておきますので、みんなで一緒に問題演習に取り組みましょう。9月のマーク模試までに5回の演習がノルマになっています。

イディオムMAX HEATもコツコツ継続しています。追加の告知になります。8月13日~16日の4日間は特別な期間とします。その名もイディオムMAX HEAT Burst!です。この期間その日の最高気温に関わらず、問題数を40問とします。4日間で160問のイディオムを解き、復習することでいっきに知識をチャージしましょう。

BURST.jpg

自習室も10時から23時まで利用できます。夏の課題を持って、勉強しに来てください。

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 唐瀬高等予備校

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top