Home > 長田校

長田校 Archive

「長田校」 来週より5月新時間割配布

長田時間割

5月24日(月)より新時間割を配布します。

以前配布した紙にも5月17日までの予定が記載してありましたが、5月1日以降はそちらを破棄していただいて、新しく配る予定表を見て下さい。よろしくお願いいたします。


主な変更点は
①中学生の授業の開始時刻を午後7:30~に変更しました。
②クラスによって終了時刻に時間差をつけました。
③5月8日より、中2はクラス分けに伴い、通塾曜日が変更になる生徒さんがいます。



①は部活終了時刻もだんだん遅くなってきたので、少しでも余裕ができるようにしました。
②は駐車場がいっぱいになることが増えてきたので、終了時刻をずらすことによって、少しでもそれを緩和できるようにするためです。そこで保護者の方にお願いです。時間割をよく見ていただいて、生徒さんの授業終了時刻に合わせてお迎えに来るようにしてください。ご協力よろしくお願いします。




5月15日(月)~は前期中間テスト対策授業がスタートします。

中学1年生にとっては初めての定期テストであり、「テスト勉強」とはどのようにして行うものなのか、初めての経験をしていく時期になります。そこで中学1・2年生は、5月中旬に「保護者会」を行い、その心構えをお話していきます。時間割に合わせてお便りを配布していきますのでよろしくお願いします。





お陰様でというか、中学3年生A(基本)クラスは「満席」に達しました。
今後はS(応用)クラスのみ若干席が空いていますので、募集を行います。
昨日そのSクラスについても「2人入りたいと言っている子がいるよ」と話がありました。
また、中学1年生でも「体験授業をうけたいという子が3人いるよ」と教えてくれた子もいました。
通ってくれている生徒達ががんばっているから、その姿を見て「文理に入りたい」と言ってくれる子が増えてきているんだな、と思うと通っていただいている生徒のみなさん・保護者の皆さんに感謝しかありません。


ただ、生徒が増えても、我々が行うことは「1人1人を大切に見ていくこと」に変わりはありませんし、今まで以上に責任をもって、汗水たらして校舎運営を行っていこうと思っています。そして、私がこの校舎ができた時からの希望である、「地域の学力を上げる!」という思いの達成のためにこれからも動いていこうと思っています。

〈小森〉


文理学院オフィシャルホームページ

長田校 「テストって」(ちょっと長文)

花粉の恐怖におびえながらも、マスクをすると暑いのでしていません。
くしゃみが多いのが、自分の強い症状です。
春は大好きなのですが、早く終わってほしいと思っています。
明日(4月20日)45歳を迎える、水曜日担当の望月です。

以前から話していますが、長男(中3)長女(小6)、次男(年少)の家族構成の私です。長男が中3でいよいよ受験生になりました。
最近は長田校の中3生と面談をする日々が多く、そのたびに息子のことも考えてしまします。
まあ、親の考えは、なかなか自分の子どもに対して、思いが伝わらないものだなあと感じています。

自分もこんな経験を中学生の時しました。
ある日、今日は自分なりにルールを決めて、「17時になったら勉強始めよう」と思っていた時、母親に16時半ごろ、「いつから勉強するんだい!」と言われました。この瞬間、自分のなかでは「なんだよ、せっかく今日は気合を入れて勉強しようと思っていたのに!」となり、逆にその日は勉強を全くやる気になれませんでした。
自分がこのような経験をしたので、もちろん、親の目線でも生徒を見ますが、ある程度子供の目線でも物事を考えるようにしています。人それぞれ、感じ方、受け取り方が違うので、相手に対する、言い方・考え方が大切なのかなと感じています。

これは、塾内で実施している、確認テスト・到達度テストの再テストに当てはまると思います。
ただ、再テストをやらされるのであれば、きっと「面倒くさい」「またやらなきゃいけないの」と感じる生徒が多いはずです。
でも、考え方を変えて、「これがそのまま学校のテスト勉強にでる」「再テストでも合格点取れば、力がついた」など自分にいい解釈をすればいいと思います。
実際、昨年度の卒業生でも、再テストで合格した生徒の方が、結果的には実力がついた単元もありました。もちろん一回で、テストは合格してほしいです。でも、ダメだった時にはその単元を諦めないで、なんとか合格するまで、やってみる、やり抜く姿勢が大切だと思います。
学力と同時に、生徒の人間力・やり抜く力を少しでもつけてあげられたらなぁと思っています。今日も授業がんばるぞ。

入口のドアが、昨日の強風のため破損しています。
こちらも細心の注意を払っていますが、校舎に入る時には気をつけてくださいね。

文理学院オフィシャルホームページ

長田校『新中学2年生の皆様へ』

長田校、新中学2年生は現在1クラス(月・水・金)で授業を行っていますが、
新年度・春期講習からたくさんの方にご入塾いただいたため、

5月8日(月)~2クラスで授業を行っていきます。


それに伴い、塾生の皆さんにはすでに案内していますが、通塾曜日がクラスによって変わってきます。
Aクラス(基本クラス)月・水・金
Sクラス(応用クラス)火・木・土

が基本の通塾曜日になります。
特に塾生Sクラスの皆さんには年度途中の曜日変更にご協力いただき、感謝申し上げます。


ただし、(月・火)(水・木)(金・土)はそれぞれ同じ教科、同じ内容の授業を行っていきますので、今後はハイブリッドな通い方が可能になります。
例えば、Sクラスで授業に参加したいが、火曜日は習い事やクラブがあり参加できないという場合は、火曜日と同じ授業を月曜日に行っているので、月曜日に授業に参加する、ということが可能です。なので、今まで曜日の関係で通塾できなかったという生徒さんは、ぜひご検討いただければと思っています。


更にクラス分けのメリットは、クラスによって教える部分の強弱がつけられるということです。今までよりお子さんのレベルに合った指導が可能になります。




5月中旬より、中学生は「前期中間テスト対策授業」を行っていきますので、この機会にぜひ入塾をご検討ください。
というのも、現在長田校の新中学3年生は残席がわずかとなっています。昨年までは中3生は夏期講習からご入塾いただいた方も多くいましたが、今年度は夏期講習の募集自体も行えない可能性もあります。なので、”部活が終わってから”というのではなく、”部活が終わる前から”現在の中学2年生にはがんばってほしいな、と考えています。我々としても少しでも長く面倒を見させていただいた方が、より生徒さんの力になることができると思います。



学校生活が始まり、生活のリズムをいかにつけていくかが大切な時期です。文理を利用して、最高のスタートダッシュを切りましょう!

<小森>

文理学院オフィシャルホームページ

長田校 「入試の平均点」

水曜日担当の望月です。
少し、真面目な話ですが。
テーマは【入試の平均点】です。

昨日、校舎で小森先生と曽原先生と入試の平均点の話をしました。
授業後に、事務所で話をしまして。
とくに、理科は想像はしていましたが、驚くような点数でしたね。
H11~H29年で、入試の最高平均点は(H13)154点・最低平均点は(H29)122点です。
私は普段、国語・英語を教えています。
英語がその年の中で一番難しいことは3回ありました。国語は0回です。
(一言でまとめてしまうと、例年並み・難易度は大差なしとなってしまいますが、、、。)

理科は昨年に劇的に変化して驚きましたが、まさか今年度は更に平均を下げるとは!
問題を作る方にも、指導要領を参考にしながら、「こういう問題を解けて欲しい」との思いがあるのかと思います。
生徒にみなさんにとっては、なかなか難しいですかね。学校の平均点は理科は高めですから。

私どもも、入試・学力調査を自分で解きますが、なかなか難しい聞き方・設問が多くなってきているように感じます。
来年の入試に向けて、こちらもいろいろ考え、対応していきたいと考えています。
生徒の皆さんも何かあれば教えてくださいね。一緒に対策考えていきましょう!

文理学院オフィシャルホームページ

長田校 「入学・進級おめでとうございます!」

昨日は各小学校・中学校、入学式・始業式でしたね。

入学・進級おめでとうございます!


最近の長田校の様子は、というと、
1491387931757.jpg

【写真は新中1:到達度テストの様子・・・集中力がすごい!】

新中1・中2は到達度テスト(英数国)を5日(水)に行いました。私の担当する数学では、春期講習の内容からのテストの出題でした。結果は全員月曜日に返却しますので、お楽しみに。基準を越えることのできなかった生徒は、来週中に再テスト・補習を行いますので、一緒に頑張りましょうね。ほったらかしにしないのが文理学院です。


新中3は”がんばる生徒”続出中です。
授業の無い日も、自習・補習に来る生徒が多数います。
ほんとに頼もしい姿を後輩たちに見せてくれていて、嬉しい限りです。
ただ、大切なことは保護者会で望月先生が話した”やり抜く力”です。これから部活等も始まり、生活が厳しくなってくると思いますが、”強い意志”を持って頑張りましょう!!


小学生は、5月中旬に”文理チャレンジテスト”があります。それに向けて、これからがんばっていくところです。
各学年の予習の内容が出題されますので、文理の授業を大切にしていきましょう!!


では、中3初回の受験対策授業に行って参ります!

<小森>

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 長田校

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top