Home > 富士宮駅南高等予備校

富士宮駅南高等予備校 Archive

明日7/23より夏期講習スタート!

富士宮駅南高等予備校です。

7/21で1学期の通常授業は終了です。
明日7/23より夏期講習がスタートします!

夏期のテーマは、なんといっても
「弱点の把握と克服!+これまでの復習!」です。

日頃、
問題などを解いていて、
授業を聞いていて、
「この部分の理解がまだ不足しているなあ」
と思うことがあると思います。

そうは言っても、
毎日いろいろな教科で宿題は出るし、
予習や復習をしなければならないし、
土日を使おうにも部活動があるし・・・。
毎日の学習に、復習を追加するのはなかなか難しいですよね。

そこで夏休みです。
ふだん思っている「復習をやりたい」という気持ちに応えられるのは、
長期休暇しかありません。
この夏のチャンスを逃すと、次の復習の機会は「冬」になってしまう!
冬期休暇は短いので「総」復習は難しい。
で、冬が無理だった場合、次の復習の機会は、
なんと、「来年の夏」になってしまう!

そうです。
この夏の時間の使い方は、ひじょうにひじょうにひじょうに重要なのです!


文理の夏期講習は、
今までの復習を中心に、
基本を定着させて、
さらにその先を目指します。
本気でみなさんの学力アップを狙います。

さあ、みんなで一緒に頑張ろう!!!

※毎日暑いので、体調に気をつけようね。
 元気なみんなが一番!!!

(U)

文理学院オフィシャルホームページ

高3の夏。

富士宮駅南高等予備校です。

本日7月9日より、高3の三者面談がスタートしました。

6月実施の進研マーク模試の成績個票をもとに、
①現在の状況と、②今後の課題と、③その解決法の提案
を、保護者の方を交えて、お話ししています。

高3の7月は非常に重要な時期です。
とりあえず定期テストの心配からは解放されています。
自分の弱点を克服するには、
そして得意科目をさらに発展させるには、
最も効果的な時期です。

さあ、みんな。
この時期を充実させよう。
一緒に頑張って、一緒に困難を乗り切ろう。

僕たちは、生徒のみんなに一方的に努力を押し付けるつもりはまったくありません。
僕たちも、
授業内容を吟味し、
教授法を磨き、
みんなを元気にさせ、
みんなに前向きになってもらうように、
みんなに第一志望の大学に合格してもらえるように、
努力を続けます。

時には厳しいことも言うけれど、
とにかく、
「みんなに行きたい大学に行ってほしい」
この思いだけです。

たとえ今現在がうまくいっていなくても、
毎日を、
一瞬一瞬を、
一緒に、
全力で生きていこう。

あとから振り返ったとき、
「高3の夏は、本気で、全力で毎日を過ごしたなあ」と
思えるような夏にしよう。

さあ、
一緒に頑張ろうな、みんな。

(U)

※7月23日より、夏期講習スタートです!
高1・高2は復習中心、
高3は大学受験に向けて、きめ細かい指導をしていきます。
夏期講習生、募集中です!
一緒に頑張ろう!!!

文理学院オフィシャルホームページ

自分の歴史を作っている、ということ。

富士宮駅南高等予備校です。

富士高生も富士宮西高生も、7月3日(月)からの期末テストまであと2日。
テスト前のこの土日は自習室が満員です。

中間テストの反省を活かして、
演習量を増やしたり、
仕上げの時期を早めたり、
「なんとなくわかる」ではなく「完全理解」を目指したり・・・。
こんな生徒がたくさんいます。
本当に素晴らしい!!!
「中間テストの時の悔しい思いをしたくない」という気持ちで、
彼らは期末テストに向かいます。

一方、全力を尽くさなかった(尽くせなかった?)ために、
中間テストであまり得点できなかったのにもかかわらず、
今回の期末テスト対策でも今ひとつ動きが鈍い生徒さんもいます。

人間っておそろしくて、どんな状況にも慣れていきます。

きつかった部活動も7月に入った今、慣れてきた高1生がたくさんいます。
膨大な範囲のテストの準備にも確実に慣れてきています。
実にたくましい!

そう、人間って慣れるのです。

ところがですね、「やらないこと」にも慣れてきます。
「やらないこと」にいったん慣れてしまうと、怠け続けることになっていきます。
こうなってしまうと、ひじょうにつらい。

こういう生徒さんは、
「今は別に全力でやらなくてもいい」と思っています。
「いろいろ言われるのは自分だし、別に他の人は関係ないし」と思っています。
「赤点取らなければ別にいいでしょ」と思っています。

そんな生徒さんには、この言葉を。


わたしたちは歴史というものを自分とはほとんど関係のない遠く離れたもののように思っている。あるいは、図書館に並んだ古びた書物の中にあるもののように感じている。
しかし、わたしたちひとりひとりにも確かな歴史があるのだ。それは、日々の歴史だ。今のこの一日に、自分が何をどのように行うかがこの日々の歴史の1ページ分になるのだ。
おじけづいて着手せずにこの一日を終えるのか、怠慢のまま送ってしまうのか、あるいは、勇猛にチャレンジしてみるのか、きのうよりもずっとうまく工夫して何かを行うのか。その態度のひとつひとつが、自分の日々の歴史を作るのだ。

〔ニーチェ  『悦ばしき知識』〕



そうです。
今この瞬間を全力で頑張っている人は、「頑張っている自分の歴史」を作っています。
怠けている人は、「怠けている自分の歴史」を作っています。

人生は続きます。
ある時、自分の人生を振り返った時に、「頑張り続けた歴史」のある人と、「怠け続けた歴史」のある人では、
きっと見える風景が違います。

テストまであと2日。
そのあとには「進研模試」が、
そのあとには「大学入試」が、
そのあとには「社会に出る、そして働く」ことが待っています。

みんな。
頑張る自分の歴史を作ろう。
僕たち文理の教師も全力で頑張り続けます。
さあ、一緒に頑張ろう。
一緒に「頑張る歴史」を作っていこうな。

※夏期講習7月23日(日)よりスタートです!
 ただ今、受付中!!



(U)

文理学院オフィシャルホームページ

自分も幸せに、そしてまわりも幸せにする方法

富士宮駅南高等予備校です。

7月3日から始まる期末テスト。
その準備のために、
今日もたくさんの高校生が自習室に来ています。

高校3年生はもちろん、
一足早く期末テストを迎える富士高の2年生も、
さらに、まだ高校生になって3か月しかたっていない高校1年生も、
呼び出されたわけでもないのに(←ここ重要です)
自習室で勉強しています。

自習室で勉強をしている生徒のみなさん、
気づいていますか?

みんなが頑張っている姿を見ることが、
お家の人にとって、
学校の先生方にとって、
そして僕たち文理の教師にとって、
どんなに喜ばしく、幸せなことか。

テストの結果は、
そりゃ良い方がいいだろうけど、
たとえ結果が出なくても、
ただひたすら頑張る、
この姿はまわりの人たちを幸せにします。
(※頑張っていれば、必ず結果は出ます。それまでは焦らずに。)

みんな。
みんなが頑張ると、
まわりの人たちが幸せになるんですよ。

みんなには、
そんな力があるんです。

さあ、期末テストまでもう少し。
自習室で頑張って、
自分も、
まわりの人たちも幸せにしよう。

僕たち文理の教師も、
全員、頑張ります。


一日をよいスタートで始めたいと思うなら、目覚めたときに、この一日のあいだに少なくとも一人の人に、少なくとも一つの喜びを与えてあげられないだろうかと思案することだ。
その喜びは、ささやかなものでもかまわない。そうして、なんとかこの考えが実現するように努めて一日を送ることだ。
この習慣を多くの人が身につければ、自分だけが得をしたいという祈りよりも、ずっと早く世の中を変えていくことだろう。

〔ニーチェ 『人間的な、あまりに人間的な』〕


(U)

文理学院オフィシャルホームページ

期末テストに向けて

いよいよ期末テストまで、
富士高1年・・・・・・10日
富士高2年・・・・・・4日
宮西高全学年・・・・・10日

というところまで来ています。生徒の皆さんは分かっているとは思いますが、「残り1週間からテスト勉強」では間に合いません。今、この瞬間から本腰を入れて期末に向けて勉強しましょう。特に1年生は注意が必要です。期末テストは中間テストと比べて量が増えて、難易度が高くなります。日頃からどれだけ勉強しているかが、問われるテストになります!「今、この瞬間から」始めましょう!
さらに、ほとんどの高校では期末テストが終わるとすぐに、進研模試があります。進研模試まで、
 富士高1年・・・・・・・15日
富士高2年・・・・・・・8日
宮西高1年・2年・・・・15日

となっています。期末テストが終わってから、あまり日数がありません。3年生だけでなく、1,2年生も模試のことを視野に入れて勉強することが大切です。期末テストの範囲をしっかりと定着させることが、模試の偏差値アップにつながります。
 この重要な期末テストを乗り切るために、高校1年生は、期末テスト対策を実施しています。期末テスト対策では、ただ単に問題演習を行うだけでなく、現時点でこういうところが弱点で、ここを解消するためには、このようなものをやればよい、といった形で、高等部職員一同、細かく指導していきます。塾生は、このような形で頑張っておりますので、外部の方も、是非とも参加してください!
田中

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 富士宮駅南高等予備校

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top