Home > 吉原高等予備校

吉原高等予備校 Archive

センターお疲れ様でした!これからです!!

こんにちは!!
タカタです。

高校3年生、センター試験お疲れ様でした!!
いろいろな思いの残る結果であったと思います。
僕自身も一人ひとりの生徒の結果を確認して、
これまでの指導を思い出しているところです。

ただ、まだ受験が終わったわけではありません!
僕はまだ諦めているわけではありません!!

明日にはリサーチの結果が出てくると思います。
現状の把握を正確に受け止め、
最善を尽くしていきたいと思っています!
是非、たくさん相談や質問をして来て下さい。
こちらからも確認します!
最後の最後まで文理学院は、
フォローしていきます!応援をしています!


高校2年生は、
これから受験勉強をスタートしていきましょう!
もうすでにスタートしている文理の仲間がいます。
来年からセンター試験に変わり、共通テストに向けての模試が増えます。
文理での塾内模試が1月末、
学校での早期マーク模試が2月の中旬にさっそく行われます。
これからの受験勉強に向けての大切な模試になります。
文理では、春期講習のクラス分けの材料にもなりますので、
真剣に受験しましょう!

高校1年生は、
まずは、普段の授業をしっかりと受けましょう!
やはりその一つひとつの積み重ねが大切です。
その確認に定期テストを利用していきましょう!
大学入試の問題は全範囲です。
定期テストは範囲の決まっているテストがほとんどです。
テスト範囲の決まっているテストは確実に準備をしましょう。
2月末の学年末テストが、文系理系に分かれる最後の定期テストです。
自己ベストを更新できるように、今から動きましょう。
文理のテスト対策は予定表に組み込まれています。
僕たちも全力で指導していくので付いてきて下さい!!


それぞれの学年ので、
一人ひとりやるべきことが決まっています。
僕らは生徒皆さんの力になりたいと思っています!
遠慮なく頼って下さい。アドバイスをさせて下さい!

文理に来なきゃ始まらない!!

文理学院オフィシャルホームページ

「Outcome〜結果〜」

令和最初にして最後のセンター試験が終わりました。
受験生は、ここから私大受験、国公立大受験へと続いていきます。
結果はどうでしたでしょうか?
良かったという人気を緩めず最後まで翔けぬけましょう
思うようにいかかなかった人チャンスをつかみ取れるように翔けぬけましょう。

高2生は、新たな共通テストへのカウントダウンが始まっています。
1年後の自分自身をより良くするために、まずは自分の得意な事苦手なことをはっきりとさせましょう。
学習の計画を立てていくうえでも、それを実行に移していくうえでも、自分の現在地を知ることは重要です。
そのために、重要になってくるのが、模試であり定期テストです。
高2生は模試を受ける回数が増えてきます。
今まで以上に、見直し→復習→補強→試験のサイクルを重視し、模試を中心とした学習プランを立てていきましょう。
不安のある生徒はぜひ一緒に復習していきましょう。

伴野

文理学院オフィシャルホームページ

New Year -2020-

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
毎年恒例の新春BINGO大会で、ある意味「奇跡」を起こした宮下です。

新年を迎えて新たな気持ちで元日に目標を掲げた皆さん、
予定通りに進んでいますか?
予定通りに進んでいる人はこの調子で頑張って下さい
予定通りに進んでいない人は
予定を組み直し、再スタートを切らなければなりません

そのためにも、無理のない、自分のペースに合わせた計画
を立てる必要があります。
計画を立てるアドバイスとして、月・週単位でノルマを設定し、
どうすればそのノルマを達成できるかを逆算して計画するといいでしょう。


実際に計画を立てて受験勉強を始めた高2生がいます。
もちろん、計画を立てたからにはチェックやフォローもしていきます
1人1人にあった学習プランを作り、
その後のケアも個人的に行います。
不安のある生徒はぜひスタッフまでお気軽にお問い合わせください。
一緒に計画を立てて、一緒に勉強していきましょう!

文理学院オフィシャルホームページ

Memory〜記憶〜

こんにちは!ブログのタイトルがアルファベット順の宮下です。
2019年最後のブログのタイトルは「Memory〜記憶〜」です。

英単語・英熟語が覚えられない」という理由で
英語を好きになれない人は少なからずいることでしょう。
ということで、今回は授業や個別対応で教えた
「単語・熟語の覚え方」を紹介しようと思います。

自分が知っている知識と
結び付けて単語を覚えること

ただ単に英語から日本語、日本語から英語の変換ではなく、
自分が持っている知識と結びつけて覚えることで、
覚えやすく、また忘れにくくなります。
そして、鎖のように長く広く繋げれば
繋げるほど語彙力がアップします

つまり、自分で考えて覚えた単語は
他者から教わる単語よりも
はるかに効率よく覚えることができます


例えば、pidgeon,dig,lizardはポケモンで覚えよう!
Pidgeon…「ピジョン」(ハト)
Dig…「ディグダ」の得意技「あなをほる」
Lizard…「リザード」(トカゲ)

最初はこのような自分の興味のあることから始めるのもいいと思います。
英語力=語彙力+英文法力
語彙力と文法力両方備わっていて初めて英語力となります
単語を覚えるのが苦手な方は是非参考にしてみてください。
それでは皆様よいお年をお迎えください。

文理学院オフィシャルホームページ

Learn


こんにちは!
Doctor Xこと大門未知子と同じ誕生日の宮下です。

突然ですが、studyとlearnの違いを知っていますか?

study…勉強する、研究する
「勉強という行為を実際にする」
(→知識や技能が身についたかどうかは無関係

learn…学ぶ、習得する
「何かを身につける」(→マスターする)


さて、みなさんがやるべきことはどちらでしょうか?
それは言うまでもなく…learnでしょ!

では、studyからlearnに変えるのに必要なことは…
➀ 授業中、話をしっかり聞いて、しっかりノートをとる
② 問題演習では、試験本番を意識して時間内に自力で解く
③ できなかった問題は検証し、反省し、同じミスをしない

上記の①~③は何1つ欠けることなく行わないと意味がありません。
特に②、③を怠っている生徒が本当に多いです。
授業を聞くだけが学習ではありません。
聞いたことを思い出しながら問題を解いて下さい。
そして間違えた問題は「どこで間違えたのか」
「なぜ自分の答えが誤答か」
など
しっかり検証したうえで、
同じ(ような)問題が出たら同じミスを絶対にしない
これが真の反省・復習です。
真の反省・復習をしないで言語をマスターするのは不可能です。
もちろん、宮下の授業・質問対応では、この点に注意して行っています。
復習の仕方について不安・心配を感じた方はぜひ一緒に復習しましょう!

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 吉原高等予備校

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top