Home > 甲府南西高等予備校

甲府南西高等予備校 Archive

end = START

南西校舎を旅立つ前に少し言わせてください。
まずは、
春期講習にご参加いただきました
高校生のみなさんありがとうございました。

新高校1年生
春期講習の最終日にも伝えた通り、
校舎責任者の大西先生人生の転換期である高校生活3年間を預けなさい。
そうすれば英語の見方が変わる。そして、人生が大きく変わる
世界中の誰よりも大西先生を愛し、尊敬し、
間近で見てきた俺だからこそ自信を持って言える。

だって、俺自身が大西先生と出会って
英語の見方と人生が180度変わったのだから。

君たちにもその喜びを心から感じてほしいと願っている。
新高校2年生&新高校3年生
今まで本当にありがとな。
心から君たちに出会えて、教えることができて本当に嬉しく思う。
最終日にはお礼の言葉とエールを送ってくれた子たちがとても多くいて
感動して君たちが帰った後思わず号泣しちゃったよ。
君たちは本当に心の優しい少年・少女だ。我が子のように愛しい。
だから君たち全員幸せになってほしい。
そのためには辛いことを乗り越えなければならない。
辛いことを乗り越えれば必ず幸せというご褒美が降りてくる。
そう信じて今日も明日もこれから先もずっと勉強していこう。
最後になりましたが、
南西校舎に通う生徒全員
大西先生率いるTeam甲府南西を信じて夢へ突き進め!

お邪魔しました。
Soichiro Miyashita☆彡

文理学院オフィシャルホームページ

ときどき書き込む。乱入です。

水曜日と日曜日に現れる数学担当です。

M3H・M3ⅢHの授業変更です。10/8(日)の分は、9日(月)14:00~です。
今週東大講座を休まれた3名の生徒さんは注意してください。(月間スケジュールに入っており、前回授業中に伝えてありますが・・・)

地元だけあって、南西の授業は落ち着きます。一年半が過ぎ、静岡のアウェー感は少なくなりましたが・・・・。

受け持った生徒にはできる限りきちんとした数学の形を見せたい、と思いながら授業をしていますが、みなさんはどんな感想をもっているのやら。

私が東大講座担当をしているのは、
今、勉強ができるのは家族をはじめ多くの人たちの支えがあるからこそ。その能力はできる限り広く社会へ還元してほしい。
この一点を伝えたいからです。世の中のニュースを見ると、偉い人たちも「自分のことしか考えていないんだな」と感じてしまう内容ばかり。どこかで分断される社会になってほしい。

そう思う今日この頃です。                         

じゃましたな           い

文理学院オフィシャルホームページ

医学部医学科合格の坂本悠くんが来てくれました!

高等予備校甲府南西校では、すでに
国公立大学に7名合格
しています。そのうち
医学部医学科が2名
です。

そのうちの一人の坂本悠くんが来てくれました!
彼の山梨大学医学部医学科合格体験記です。

自分は中学一年生の頃から文理学院に通い始めました。
高等予備校では主に英語と数学を受講していたのですが、授業時間以外でも英語は大西先生に、数学は川上先生や伊東先生に補講授業や質問対応をしていただき、とても感謝しています。
入試直前の小論文や面接も川上先生にご指導いただき、その手厚いサポートが志望校に合格できた大きな理由であると思います。
長い間ほんとうにありがとうございました。

002_201702162328056a0.jpg

本当におめでとう!

文理学院オフィシャルホームページ

やはり、合格はいい!

この時期は、いろいろな方から合格の報告が届きます。以前担当していた生徒のIくんから、自治医合格の朗報が届き、その後も東京薬科大の特待生として合格したMくんなど、うれしい報告が次から次へ。

山梨大学医学部医学科への合格者も2名。

合格はいいもので、受験生の皆さん、最後まで+1点を追い続け、合格を手にしましょう。

嬉しさのあまり、本日の乱入をお許し下され。                           い

文理学院オフィシャルホームページ

また転んじゃった

小学生が元気よく 「また転んじゃった」 と。

そうですね、転んでも起き上がるしかないし、大した失敗でもない。

高3生に伝えよう。「焦るな、大丈夫だ。命まではとられない。できることをしっかりと」    い

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 甲府南西高等予備校

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top