Home > 田子浦校

田子浦校 Archive

11月テスト&数検直前

こんにちは。勝又です。

11月テストまで残り5日となりました。
自習室を利用する生徒が多く、嬉しい限りです。

テストでの成功は、残りの数日間でどれだけ頑張れるかにかかっていると思います。一緒に頑張ろう!


アドバイスになったらいいのですが、
僕が学生の時にやっていたこととして、テスト数日前になったら現状できること(できると思っているもの)を絶対に落とさないように完璧にする、という勉強内容にシフトしていました。

これまでやってきたことに対し、繰り返しやりこんで確実に点を取れるようにする、ということです。

もちろん、できない・わからないものを放置していいというわけではありませんが、得点はとれるところでしっかりとれるようにしましょう!


そして、数学検定11月16日(土)とすぐそこまで迫っています。
受験者の生徒は、大変ですがテスト勉強と並行して対策しましょう。
週2回で行っている数検対策だけで満足はせず
家庭自習も行って、いい結果が得られるように頑張ろう!
もちろん、文理の自習室でもいいですよ!


お知らせです。
本日より冬期講習説明会が始まりました。
次回は11月16日(土) 午後6時より行います。
文理学院の冬期講習が気になった方は、是非ご参加ください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2019年度公立入試
富士高128名 合格
合格実績 地域№1 の文理学院

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

田子浦校 勝又

文理学院オフィシャルホームページ

テスト一週間前!

 こんにちは、田子浦校の平田です。

 11月テストまであと一週間となりました。先週、予想テストが行われました。不合格だった人は、期日までに再テストを受けて合格しましょう。「受けっぱなし」では力はつきません。また。課題表も貼りだされています。これもただやるのではなく、直しまで確実にやっておきましょう。!

 冬期講習説明会がいよいよ始まります!
すでに8件のお申し込みをいただいております。ありがとうございます。
明後日11月9日(土) 午後6時スタート!
文理学院の授業に興味がある方は、是非ご参加ください。

 建武3年/延元元年(1336年)11月7日、足利尊氏が幕府の基本方針として建武式目を制定しました。これにより、室町幕府が成立しました。

 足利尊氏は、「優しい人」「気前がいい人」でした。そのため、多くの武士が尊氏に期待してついてきました。しかし、ここに大きな落とし穴がありました。「優しい人」尊氏はライバルとなった後醍醐天皇や弟・直義を滅ぼす決心がなかなかつきませんでした。その結果、世の中が乱れてしまったのです。

 また、「気前がいい人」尊氏は家来に対して恩賞を惜しみなく与えました。その結果、将軍以上の力を持った大名が出現し、不安定な世の中になってしまいました。安定した世の中をつくったのは、「冷酷」「ケチ」といわれた源頼朝や徳川家康の方だというのも、何か複雑なものを感じますね。

 ちなみにこの年は2月に後醍醐天皇が「建武」から「延元」に改元したのですが、後醍醐天皇に敵対する尊氏は「建武」を使い続けました。元号が2つ同時に存在するという面倒な時代がここから始まったのです。

足利尊氏

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2019年度公立入試
富士高128名 合格
合格実績 地域№1 の文理学院

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

田子浦校 平田

文理学院オフィシャルホームページ

小学生保護者会!

こんばんは。

タイトル通りですが、田子浦校では本日、小学生保護者会を行いました。

(1)中学生の9月・10月テスト結果報告
(2)明日の学力診断返却
(3)今後の指導スケジュール
(4)冬期講習のご案内・その他

について菊池先生がお話いたしました。
三村も同席し、明日の学力診断でどのような「思考力・判断力・表現力」が診断されたかを、実際の出題例をもとに少しだけお話いたしました。
お忙しい中お集まりくださいました保護者の皆様方、誠にありがとうございます。


また文理学院田子浦校では今週土曜日より冬期講習説明会を行います。
今週は
11月9日(土)午後6:00~
皆様の参加をお待ちしております。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2019年度公立入試
富士高128名 合格
合格実績 地域№1 の文理学院

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

田子浦校 三村

文理学院オフィシャルホームページ

さすが受験生★☆★

こんにちは!

今日は午前9時から、中3模試(第4回)がありました。

今回のテスト範囲は「第2回学調と同じ」ということで、よい前哨戦になったと思います。

国語は採点が終わりまして、非常によい出来だったと思います

最高点は、49点!ミスしたのは、漢字のみでした…。

結果が出そろい次第、ランキングを出しますので、待っていてください。

4時間に及ぶテストが終わったばかりなのに、中3が自習に来ています。

さすが受験生!!

明日は、全国小学生統一テストです。

難易度の高い問題もあると思います。

しかし、小学生のうちに難しい問題にチャレンジしておくことで、今後の成長に繋がっていきます

時間いっぱいまで全力で頑張ってください。

冬期講習説明会が始まります!
第一弾は11月9日(土) 午後6時スタート!
皆様のお越しをお待ちしております。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2019年度公立入試
富士高128名 合格
合格実績 地域№1 の文理学院

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


田子浦校  菊池

文理学院オフィシャルホームページ

11月テストに向けて!

 こんにちは、田子浦校の平田です。
 
 元吉原中3年生はテストお疲れ様でした。しかし、次のテストが目前。明日からはいよいよ予想テストが始まります。課題表も貼り出されています。テスト勉強の根本は×を〇に変えること。自分の弱点をしっかり見極めて、徹底的につぶしていきましょう!

 冬期講習説明会が始まります!
第一弾は11月9日(土) 午後6時スタート!
皆様のお越しをお待ちしております。

 明治31(1898)年10月31日、第一次大隈重信内閣が総辞職しました。組閣は同年6月30日。在職日数132日間でした。

 大正時代を勉強する時、原敬内閣を「初の本格的政党内閣」といいます。なぜわざわざ「本格的」とつけるのか?それはこの第一次大隈内閣が「初の政党内閣」だからなのです。とはいえ、わずか132日間で終わってしまったとはいえ、「初」の栄冠(?)は大隈内閣な訳なのです。

 対立していた大隈重信の進歩党と板垣退助の自由党が合同して憲政党を結成。内閣総理大臣に大隈、内務大臣に板垣が就任し、「隈板内閣(わいはんないかく)」といわれましたが、結局分裂、文部大臣・尾崎行雄の後任を大隈が独断で進歩党系の犬養毅としたことで分裂が決定的になりました。ちなみにこの時板垣が推していたのが、静岡県にも所縁が深い江原素六でした。

 この内閣で海軍大臣を務めたのが、西郷隆盛の弟・西郷従道です。兄・隆盛が名前を間違えられた(本当は「隆永」だった)ことは有名ですが、実は従道も間違えられていました。本名は「隆道」だったのですが、登録する際に「リュウドウ」と言ったところ、訛っていたために「ジュウドウ」と聞き取られ、「従道」と登録されてしまったのを、そのまま使ったそうです。西郷家の人は自分の名前に無頓着なのでしょうか。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
2019年度公立入試
富士高128名 合格
合格実績 地域№1 の文理学院

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

田子浦校 平田

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 田子浦校

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top