Home > 田子浦校

田子浦校 Archive

田子浦校便り 2021年第29回 清掃活動のお知らせ

 SDGs活動に参加してくれる生徒のみんな、保護者の皆さまへ
本当にありがとうございます。


 こんな古い校舎を大切に使ってくれてありがとう。君たちの来校時の挨拶、帰宅時の挨拶にいつも感謝しています。

 こんな雨の中、いつも送迎してくださる保護者の皆さま、ありがとうございます。車の中で、道の向こうで会釈してくださる姿を見て、私たちの気持ちも温かくなります。

 今度は、みんなで『我が田子浦』に感謝しましょう。

4/25日 日曜日 「富士川緑地公園」でお待ちしております。
朝の9時から10時です。


 ところで、『今日のエッセイ』です。
 「電話による家庭訪問」を続けていて感じることは、『家でゲームばかりしてるんですよ』(笑)という保護者のみなさまのお怒りです。
 
 『ゲームを禁止するぞ』と言っても、なかなか伝わりません。
 思春期の子ども相手に、禁止や否定、義務や強制を伝えるよりも、
 もっと肯定的な言葉がけをしてみませんか。
 例えば、
 『Learningはゲームよりも楽しい。なぜなら、リアルにレベルアップを実感できるから。
 楽しい、面白い、感動する、ワクワクが止まらない。
 いつも最新のロールプレイングゲームこそLearningのことだよ。
 攻略は学校で教えてくれるし、無制限で禁止もされない。一人でも出来るし、チームプレイもできる。
 しかも公式認定されていて、資格や免許も国が認定してくれる。
 スポーツと同じだ。リアルに充実して仲間もできる。コーチや師匠にも会える。
 攻略もスライムみたいな雑魚から、ラスボスまでいる。
 今からでも遅くは無い。いっしょに戦おう! 』…と言ってみませんか。


…小学校の頃に、こうやって教えてもらえると楽しかった。と子どもが思えるように、早い時期から声かけをして、気持ちのベクトルを変えてみましょう。
ポイントは、『勉強』という言葉の回数を減らすことです。


以上
田子浦校 HK

文理学院オフィシャルホームページ

田子浦校便り 2021年第28回 中3生徒へのお知らせ 重要です

 今日は中3向けのお知らせです。
4/22木曜日に「田子浦中」で実力テストがあると昨日分かりました。
そこで、明日の授業を「実力テスト」対策にします。富士南中、元吉原中のみんなも、実力テスト対策がそのままこれまでの復習になるので、安心してください。
明日は国語、理科、社会の対策授業を行います。
貴重な学校情報を知らせてくれた生徒のみんな。本当にありがとう。


 ところで、『今日のエッセイ』です。 
 4月になると思い出すのが、アポロ13号の事件です。
 奇跡とは人間の確認と忍耐と信頼の賜物だと教えてくれた出来事です。
 1970年4月11日、ケネディ宇宙センターから月を目指して発射されたアポロ13号は、2日後に機械船の酸素タンクが爆発する事故に合います。
 場所は宇宙空間。ラヴェル船長以下3名の宇宙飛行士たちは、電力と水の深刻な不足の中で地球帰還のミッションに挑みました。
 まず、酸素がギリギリ状況であること。次に、電力は地球帰還時まで限界まで使用をひかえること。さらに、二酸化炭素処理装置の故障などアクシデントが続きます。
 その上、搭乗員たちの間には、深刻な疑心暗鬼がありました。本来の操縦士が風疹に感染している可能性があり、発射直前の時期に操縦士が交代したのです。
 この状況下で、船長のラヴェルは、地球のヒューストン宇宙センターと綿密なコミュニケーションを維持して、トラブルを一つ一つ解決し、月着陸という感傷に左右されることなく、宇宙飛行士たちの意思をまとめました。
 大事なポイントは、責任が誰にあるかを探すのではなく、『今解決すべき問題は何か』を全員で共有することです。船長のラヴェルはこのことを熟知していました。
 地球のヒューストンでも、主任管制官以下が不眠不休で、問題の解決と地球への帰還をサポートしました。
 なかでも、主任管制官ジーン・クランツは数々のリーダーシップを発揮しました。
 こういう場面で力を持つのは言葉です。
 特に有名なのが
『失敗という選択肢はない』と言う発言です。絶望的な状況下でも、チームを鼓舞するのは…素晴らしいですね。
 そして何よりも感動的なのが、アポロ13号帰還の際です。
 大気圏の通過は可能なのか? 果たしてパラシュートは開くのか? 直陸予定地には台風が接近中だが、大丈夫なのか? 
 管制室で公言される不安材料と悲痛な声に対して、
 ジーン・クランツはこう言います。
『言葉を返すようだが、栄光の時だよ』と…。
 船長のラヴェルも大気圏突入のときに、『最高のチームだった。ありがとう。』と伝えました。…本当に言葉は大事です。
 どんな仕事も100%成功するとは限りません。なおかつ、非常時とは成功の可能性が少ない…そのときに、リーダーがどんな言葉をかけ、振る舞うのか。
 とても勇気づけられますね。
 船長のラヴェル、主任管制官以下のスタッフたち、そして何よりも『必ず家族のもとに帰る』という意志が一つでも欠けていたら、アポロ13号は爆発消滅したでしょう。
 1970年4月17日、アポロ13号は無事に帰還しました。
 この危機対応の鮮やかさから、アポロ13号の出来事は、『成功した失敗』あるいは『栄光ある失敗』と称えられました。

以上
田子浦校 HK

文理学院オフィシャルホームページ

田子浦校 富士高合格判定模試・無料対策授業のお知らせ

んにちは、田子浦校の村松です。

今週の日曜日(4/18)に富士高合格判定模試についての広告が出ます。

自分の現時点の学力を知るツールとして活用できるテストです。
5/16(日)実施、申し込みは4/24(土)までです。
先日のブログでも言いました「彼を知り、己を知る」ために是非とも受験してください。

またこの広告で、無料体験授業についての告知も行います。

田子浦校は他校舎と期間が少し違いますのでお気をつけください。
4/23(金)~4/29(木)までの1週間
小学生最大2回、中学生最大3回、無料で授業が体験できます。


英語を教える身として、今年度からの指導要領改革は、非常に子供たちにとって大変なものだと思います。

他教科と違い、英語は基礎である土台の知識に新たな知識を上書き保存していく教科であると村松は考えます。つまり最初の土台作りでつまずいてしますと、そこから3年、いや、高校・大学まで英語が苦手なままで
進んでしまいます。

最初の土台をしっかりと築き、後まで困らない学力を身につけるため、体験授業を活用してください。


お問い合わせ・お申し込みは、64-4833田子浦校(午後3時以降~7時まで)にご連絡ください。

文理学院オフィシャルホームページ

数検対策時間変更のお知らせ  田子浦校便り【第26回】


みなさん、こんにちは!

田子浦校の宮﨑です。


先日、生徒のみなさんにはお話ししましたが、

念のためブログにて、数検対策の時間変更についてお知らせします。


〇数検対策日 毎週水曜日
4級→授業後 22:10~22:30
3級→授業前 19:00~19:20
 に変更


本日の対策から、3級と4級の時間を入れ替えて実施致します。

対策に参加するみなさんは、時間にお気を付け下さい。

お待ちしてます♪


-----------------------------------------------


数検の申し込みは、4/21(水)までとなっております

特に、受ける予定でまだ申し込みしていない方は、お早めに!!!
(※検定料 3級 3,500円  4級 3,000円)



田子浦校 宮﨑


文理学院オフィシャルホームページ

田子浦校便り 2021年第27回 今週も生徒の声を届けます

ここに赴任して約一ヶ月。
はっきり言います。自慢の校舎です。
どの学年、どのクラス、どの生徒たちも自慢出来ます。
本当に地域の皆様、保護者の皆さんには感謝しています。
大事なお子さまを私たちに託してくださってありがとうございます。
自分は、『地域のLearning窓口』でありたいと心がけて、日々生徒のみんなと接しています。まず、『自分が』ではなく、『あなたが』を意識しています。

 だから、校舎内はスニーカーで走り回っています。
 また、家庭との連絡を密にさせていただくために、時間があればご家庭に『電話による家庭訪問』をしています。営業電話ではありません。生徒のみんなの様子を伺うお電話です。
 …これからも電話による家庭訪問を続けます。皆さんの声を校舎運営に届けます。

さて、お知らせです。
1 漢検の学習確認をしていきます。
 漢検申し込みの生徒はまず教材を用意してください。
 次に、合格までの学習スケジュールをレクチャーします。
 毎週、月曜日と火曜日に進捗状況を確認するので、教材とノートを持参してください。
 田子浦校舎での漢検は、6月26日土曜日です。

2 『中3富士高校合格判定模試』の受付中です。
 テスト日は5月16日 午後2時から6時です。
 受験料金は1100円(税込)
 会場は、中島校舎、吉原校舎、富士宮西校舎になります。
 田子浦校舎でも申し込み受付ができるようになりました。

3 『SDGs活動』のお知らせ
日時 4月25日 朝9時から10時。
場所 富士川緑地公園。

文理学院では、SDGs活動を積極的に進めています。
生徒のみんな、保護者の皆様にもご協力をお願いします。

 ところで、『今日のエッセイ』です。

4/14はタイタニック号が沈没した日です。

 …生徒のみんなや保護者の皆さんはご覧になったことがありますか?
 映画『タイタニック』です。
 自分は神奈川県横浜市の劇場でリアルに映画を鑑賞しましたが、クライマックスシーンでは…泣き声だらけでセリフが聞こえなかった記憶があります。
 何だって!! 誰と行ったの? おほん…それは内緒です。

 主役のディカプリオ…理想の彼氏なんでしょうね。居候『下の姪』が大好きです。
 『伯父さんもピンチになったら、子どもたちを守って沈まなあかんで』と無茶を言います。いったいどんなピンチが来ると言うのでしょうか(笑)。
 さて、この事故は、1912年に起きました。戦争を除けば世界最大の海難事故だと言われます。2224人の乗員乗客のうち、1513人が亡くなりました。

 この災害は、救命ボートの数、緩い規則、旅客の等級によって異なる避難時の対応など、ずさんな危機管理体制が多くの人の怒りを引き起こしました。その後、この事故をきっかけとして救助のあり方が見直され、1914年に海上における人命の安全のための国際条約(SOLAS)が作られました。

 タイタニック号の教訓は、今の私たちにも活かされています
以上
田子浦校 HK

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 田子浦校

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top