Home > 川島田校

川島田校 Archive

明日、原里・西中期末テスト          川島田

6/1からテスト対策スタート
前回テストが5/17だったから、なかなか切り替えがむずかしかった生徒さんもいたけれど、よくふんばったね
部活の大会のピークで、なかなか時間がなかった生徒さんも、暇を見つけてよく通ってくれました

さぁ、あと1日―
一緒にがんばろう!!


早くも、校舎に飛来してきました

確実に近づいてますね、夏が

IMG_20180614_222947.jpg



文理学院オフィシャルホームページ

チラシ 各家庭へ         川島田

本日 5/25 ポスティングにて、各家庭に配布されました

いよいよ夏期講習募集の始まり

今日で、修学旅行や宿泊訓練が一区切り

制服も、部活時間の延長も、まさに季節の変わり目です

こちらも6月テストにむけて、邁進するぞ!

そう、5月のテスト結果がまだでも、6月のテストはやってくるのです  笑

いっしょに、がんばろうね



IMG_20180525_223219.jpg

文理学院オフィシャルホームページ

酉年じゃないけど、鳥ヅキしてる年です

先週の水曜日
昼前、出勤しようと玄関を開けると、玄関の前にあるコノテガシワから忙しく飛び立つ鳥の羽音が…

一羽が飛翔に失敗したのか我が家のVOXYに激突?
VOXYに乗り込もうと思ったら、スライドドアの脇に一羽のヒナ鳥がちょこんと座っているではありませんか!((((;゚Д゚)))))))

飛び立つのを待てどもなかなか飛び立たず、そのうち鳴きながら親鳥らしき鳥が近くに寄って来て忙しく動いていました(^_^;)

VOXYで轢いてしまう心配もあったので、ヒナを保護して除けようとしたらヒナが飛び立ち、コノテガシワの樹の下に移ったので、気にはなりましたが、車に乗り込み出勤しました🚐

帰宅後にコノテガシワの樹の下をライトで確認しましたが、ヒナは確認出来ず、無事に飛び立ったんだと、ひとまずホッとしました(⌒▽⌒)

鳥の種類には疎いので、調べてみたらメジロだったらしく一つ勉強になりました🐦

翌日コノテガシワに巣があるのか改めて確認したらメジロの巣を発見しました👀

メジロ1



昨日のこと
父から突然の電話。

「ウチの3階(集合住宅)に巣を作ったツバメのヒナが2羽、巣から落ちちゃって…1羽は死んじゃったけど、もう1羽をどうしたらいい?」
「戻せるなら戻してやって。」
「高いところにあるから無理だ!」
「じゃあ、今から行くよ。」

脚立持参でヒナ救出の為、実家に子供たちを連れて急行🚐

現場に着くと階段の踊り場の隅で1羽のヒナ(巣立ち間際?)🐧がうずくまっている。
親鳥も2羽、近くを行ったり来たり。
まずは壁に脚立を掛け、巣の中をiPhone📱で撮影。他のヒナも確認出来たので、保護して戻すことに。

ヒナを保護しようしたら、デジャヴ?ほんの数日前にメジロのヒナを保護しようとした時と同じようにパタパタと下の踊り場に(T_T)
下の踊り場で何とか保護し、着ているTシャツにくるんで脚立に登り、巣の直下でヒナを手にして巣の前に、自分で巣に戻ったので一安心(⌒▽⌒)

ヒナの羽毛も結構しっかりしていたので、親鳥が出る時に自分も着いて行ってしまったのか?(^_^;)
まもなく巣立ちかと予想されるので、無事に巣立つ事を願う!🌠

ツバメ1


死んでしまったヒナは父がすぐに弔っていた。

今年って酉年?ってくらい鳥ヅキしているけど戌年だよね?(笑)
それとも『巣立ち』が何かを暗示しているのかな?(≧∇≦)
ツバメ(鳥全般)が巣を作ると縁起がいいらしいので、今年はこれから良いことあるかな?

今年度から川島田配属になった“T”

文理学院オフィシャルホームページ

テスト対策の約束          川島田

只今、テスト対策中でございます

多くの中学が 5/17 ですので、
3週間まえのGWからは、テスト対策なのです
はやくも、あと10日になっちゃいましたね

文理では、当たり前ですが、
先日、塾の説明を聞かれた保護者の方は、非常に驚かれていました

ほかではやらない あるいはもっと直前からだそうです

まぁいろいろな方針がありますが、
うちは今回も、この形でいかして頂きます


そこで、生徒たちへ

入塾するときの約束、
忘れないでね


 『どの先生に、どの教科の質問をしてもイイです。
  聞きやすい先生に、手が空いてそうな先生に、だれに聞いてもイイですよ。
  わからないまま、できないままにしないように!!』

もう一回、思い出して、あと10日がんばろう!!

文理学院オフィシャルホームページ

ハリルホジッチ、解任に思うこと              川島田

4/9
サッカー日本代表監督 ハリルホジッチ監督が契約解除となった
契約だから仕方ないし、サッカーの世界ではよくあることではある
すごく熱烈なサッカーファンでもないが、
4年前、弱小アルジェリア代表を率いて、強豪国を次々とジャイアントキリング(大物食い)していく
「魔術師・ハリルホジッチ」のサッカーは痛快そのものだった
ブラジルの地に沈む、日本代表の残念な姿を見た分、余計に鮮烈だった

そのハリルホジッチが3年前くらい?、縁あって日本代表監督になったときは、
むろん個人的な意見だが、純粋にロシアW杯が楽しみになった
が、ご存知の通りの解任

見たかった・・・ 
ポーランド、セネガル、コロンビア――
ちょっとサッカーに詳しい方なら、ほぼ知ってる
10回戦ったら、9回負ける相手ばかりに、
「どんな準備をして、どんな戦いをするのか」を、
見たかった・・・

魔術師など、きっとこの世にいない
見えないところで、準備にひたすら時間をかける「仕事人」がいるだけだと思う
それでもうまくいかない場合を考えBプラン、Cプランを用意している「仕事人」がいるだけだと思う

そう、僕らの仕事と似ている
準備がすべて――

だから、見たかった・・・

幸い、自分には成果の出せる場や教室がある

魔術もないし、魔法もない
挨拶、声かけ、授業の準備、わかりやすさ、ことば遣い、コミュニケーション、
笑い、感動、居心地のよさ、信頼関係・・・
そう、まさしく「普段」があるだけだ
改めて思う
魔術もなければ、魔法もない
仕事にあるのは、「普段」だけなのだ

さらば、ハリルホジッチ、
僕は「いつも通り」教室の掃除をするよ







文理学院オフィシャルホームページ

Home > 川島田校

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top