Home > 小瀬校

小瀬校 Archive

5月攻勢

こんばんは、小瀬校の望月です。

新年度が始まりまして、新たな学年・新たな学び舎で勉学に励む生徒さんがたくさんいると思います。

新しく何かを始める・新しい環境に身を置くのは誰しも勇気がいるものです。

ですが、そういう状況にあって挑戦する気持ちを忘れずに物事に取り掛かって行きたいところですね。

さて、5月から定期テスト対策がスタートします!!

中学生のみんな、来るべき最初のテストでバッチリと良いスタートが切れるように頑張っていこうぜ!!

……柄にもなく、叫んでしまいました(笑)

文理学院オフィシャルホームページ

ブライアン先生登場!

 こんにちは、小瀬校の宮下です。

 先週の土曜日、ついに小瀬校にもブライアン先生が登場しました!
 これまでも小学生の英語部門(JES)には外国人講師が入って授業をしていましたが、ブライアン先生は中学生を担当する外国人講師になります。
 小瀬校での初めての授業では、LとRの発音の違い、教科書の音読、ディクテーション、会話を行いました。
高校入試など、近年のリスニングはネイティブスピードで長い文が流れることが多くなっており、非常に難しくなっています。よく聞かれる生徒の反応は「速すぎて何言ってるかわからない」というものです。リスニングができない原因はいくつかありますが、大きく分けると二つあります。
 一つ目は単純に単語力の不足、文法理解の不足です。耳に入ってきた単語が知らない単語だったとしたら、それは「言葉」としてすら認識できないわけです。
 二つ目は正しい発音を知らないことです。英語には日本語に存在しない発音が数多くあるため、訓練をしないと正しい発音ができません。イングリッシュデフという言葉も出てきているようですが、それは「自分が正しく発音ができない音は、耳で判別することもできない」ということを意味しています。文法力が非常に高い方でもハリウッド映画を見に行って、何を言ってるかさっぱりわからなかったというのはここに原因があるそうです。また、英語独特の音の重なりや実際は読まない音などがわからないと、やはり聞き取ることはできません。
 こういったことに対応するため、文理学院では本気の取り組みを始めました。希望者制にするのか、全員に対して行うのかなど、まだ検討しなければならないことはありますが、中学生の月額料金を変えることなくこういった授業を提供していく予定です。
 どこの教育機関でもやったことのないような新境地に踏み込んでおりますので、初めは至らない点もあるかもしれませんが、修正は絶えず行っていきます。積極的なご参加お待ちしております。

文理学院オフィシャルホームページ

新生活スタートしてますね。

 桜の花も満開になり、4月は日本人にとって一年の新しいスタートになりますよね。節目の年としては社会人一年生、大学一年生、高校一年生、中学一年生、小学一年生、幼稚園一年生こうやって並べると23歳までに6回の節目があるんだなあと改めて思います。
 私が節目の年で感じたのは(だいぶ昔ではありますが)新生活のこともありましたが、友人の出身範囲が広くなったことでした。小学生は住んでる地域から、中学校では気持ち広い範囲に、高校では山梨県全域、大学では全国になっていきました。よく高校デビュー、大学デビューとか言いますが、私はいい意味で、今までの自分を変えられるいいチャンスだと思います。新生活今までの反省を生かしてポジティブに自分を変えていきましょうね。小瀬校小田切です。
 さて、小瀬校でもおかげさまで、たくさんの新入塾の生徒さんに来ていただきました。スタートダッシュとしてかなり各学年先の授業をやっています。これは、定期テスト対策期間に(文理では三週間前から)みっちり復習をして生徒さん全員にいい結果を出してもらうためでもあります。ですが、4月途中から入塾してもらっても大丈夫。「スターティングサポート」としましてきちんと授業内容が追いつくように補習を行いますのでご安心ください。生徒の皆さん頑張っていきましょうね。

文理学院オフィシャルホームページ

もうすぐ、三月も

終わりを迎えてしまいますが、ここから春期講習終盤になります。

参加者の皆様、残りの二日間も一緒に頑張っていきましょう!!



こんばんは、小瀬校の望月です。
中学生に国語の指導を3日間行いまして、ここからの私の授業は【理科・社会】となります。
そう、『複数の教科を担当』している私でございます。
時々、生徒さんからも「望月先生って、大変だね~。」と言われますが、コチラ側からすれば『いやいや、大変ではないよ』と感じています。
これが、自分の生きる道。これが、自分を活かす道。
昔、野球をやっていた頃から『自分の投げる球をとにかく信じること』を念頭に置いて物事に取り組んできました。
その成果を、生徒さん達に『授業』という形で提供する。
今の自分には合っていると思うので、今後もこの気持ちを忘れずに生徒に向き合っていきたいですね。



最後になりますが……。
文理学院小瀬校では新学期入塾生受付中です!
お問い合わせは 文理学院小瀬校 TEL:055-241‐5052 まで!!

文理学院オフィシャルホームページ

春期講習始まりました!

こんばんは、小瀬校の宮下です。

いよいよ春期講習がスタートしました。
今年度は小瀬校舎春期講習史上、最も多くの生徒たちにご参加いただき、身が引き締まる思いで授業をさせていただきました。
春期講習は基本的に一学期内容の先取りです。一学期中間テストで良い結果が得られるように今から全力で頑張っていきましょう!
とはいえ、前学年内容など、以前の内容が抜けてしまっている生徒も多いはずです。みなさんは三日前に何を食べたか朝・昼・晩すべて正確に答えられますか? おそらく難しいと思います。人間の記憶力なんてせいぜいそんなものなのです。では、長期的に記憶するにはどうすればいいのか? それはこまめな復習しか手はありません。いろいろな成功者が6回から7回、同じことを復習することを基本にしていたと言っていますので、最低限でもそのくらいは必要なのでしょう。
さて、文理学院は<集団授業+個別対応>をうたっています。たしかに授業時間内は先取り授業でしたが、授業後、多くの生徒達(春期講習生含む)が残って、個々にわからなくなった所までさかのぼり、復習内容の指導を受けて行きました。
出来るようになるとみんな自然に笑みがこぼれます。やっててよかったな、とこちらも思います。
講習は始まったばかりですが、予習内容も復習内容もバッチリこなしていきましょう!
残らなかった生徒でも、不安があったらどんどん残って勉強していこう! (こちらから指名する場合もありますが、、、)

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 小瀬校

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top