Home > 小瀬校

小瀬校 Archive

毎年恒例のこと

こんにちは、小瀬校の五味です。
雨が多かったり、まだ暑かったりと安定しない日が続いていますが、だんだんと秋晴れの空になってきたような感じがします。

さて、先週ブログでアップした稲刈りですが、無事に終えることが出来ました。
家族総出で稲を干し、約1週間後に脱穀をし精米を経て、やっと新米として食卓に並べられるようになります。
私としては毎年恒例のことであり、何気なく取り組んでいるこの稲刈りですが、今年は台風が非常に多く、スケジュールを組み立てるのに父が苦労している姿を見て、このようなことは初めてだなと感じました。
また、稲刈りの日は雨が降り、泥沼の中を長靴で歩き回り、稲を拾い掛けていったのですが、足を取られ非常に苦戦を強いられました。

毎年恒例のことも、年度によって対策を変えたりその場で臨機応変に対応することが強いられます。
決して何も考えないルーチンワークになってはいけず、常に頭の中で考えながら物事を進めていく…
これは私も、生徒さんたちと同じことだと、改めて実感しました。

中3甲府市内の生徒は、いよいよ第1回校長会テストですね!
全力で行きましょう!
点をもぎ取れ!

文理学院オフィシャルホームページ

甲府も寒くなりましたね。。。

 こんにちは、小瀬校の宮下です。

 寒くなりましたね。さすがの甲府も半袖のワイシャツでは寒くなってきました。皆さんもそろそろ冬支度を始めておられる頃でしょうか? 用意周到な私は、すでにコタツ布団を丸洗い済みで、コタツの下に敷くふかふかのラグも購入済みです。もちろん掛け布団は半月ほど前に十分干してあり、いつでも実戦投入可能な状態です(余裕の笑み)。

 甲府に越してきてから10年目になりますが、5年ほど前からかなり早めに冬支度と夏支度をするようになりました。都留の実家にいる時は母親に任せきりだったのですが、甲府では自分の判断で動かなければいけません。そこで気付いたのが、冬支度と夏支度は『寒い』『暑い』と思ってから動こうとすると駄目だということです。いや、主婦の方はお分かりかと思いますが、『梅雨』と『秋雨』がなんともこちらの思い通りにさせてくれない。急激な温度変化を感じ、慌てて押し入れから冬物や夏物を出すとカビ臭い。これは週末に干さねばと思っていると、雨で干せない。じめっとしている上に臭い、それに触れる服や体も臭くなる。ストレスがたまる。テンションが下がる。来週こそはと思っていると、また雨。。。 このコンビネーションに何度やられたことか。。。
 そこで5年ほど前から、季節が変化する兆しを少しでも感じ取った瞬間に、もう準備してしまおうと考えるようになったのです。今回でいうと、冬物を干したのは気温が32度を超えるようなかなり暑い日でした。家の人はなんでもう準備してるの?みたいなことを言っていましたが、結果的にその後すぐに寒い日が来て、外は雨。でも毛布は十分に準備してあったので、ふかふか毛布で眠ることができました。
 『対策』がうまくいった時ってすごく気持ちいいですよね。『対策』とは過去の失敗を教訓にその原因を突き止め、次回に活かしていく行為です。しかし、その失敗を失敗と思えない場合、それを教訓に対応策を考えるという自律脳までたどり着くことができません。例えば先ほどの例でいうと、『カビ臭かろうが汚なかろうが、あったかい布団があったならそれでいいじゃん』という価値観の持ち主であった場合、それ以上の対応策を練ろうとは思わないでしょう。でも、お日様に干した布団で寝るのに慣れてしまうと、、、やっぱりカビ臭いのはもう無理ですよね。
 私たちは様々なことに気付き、問題意識を持つことができるように、『価値観』そのもののレベルを上げ、また、多くのことに関心を持たなければいけません。学校に通っている間は、とにかく一生懸命勉強やスポーツに打ち込みましょう。そうすれば50点をとれただけで嬉しかった君にも、いずれ90点しか取れず、100点をとれなかったことを悔しがる未来が来るかもしれません。
 自分の価値観、ここまでは自分は到達していなければいけないという高い設定を持った人は、見える景色が違います。他の人が気付かない問題点を見破ったり、アッというような解決策を導き出したりします。逆に言うと5年間も対策をとって来なかった私などはまだまだですが、将来皆さんはそうなれるよう、一日一日、一瞬一瞬を高い意識で臨んでいきましょう。、

文理学院オフィシャルホームページ

基礎力つける努力は大切だよね

 台風来て寒くなったり、明けたら今度は30度越え!本当に気を付けないと体調崩しますよね。皆さんも体調管理はしっかりしましょうね。小瀬校  小田切です。

 先日、TVですか、青山学院大の陸上部の原監督(箱根駅伝4連覇の)が、どうやって常勝チームを作ったかその指導方針と方法を話しているのを見ました。選手には達成できる目標を自ら考え(具体的にタイムを何秒縮めるかとか)それを自ら実践して達成感を味あわせる。 決して、否定的な話はせず、楽しんで練習できるように部活の指導中はほとんど様子を監督しているだけで選手には自主性を重んじてのびのびとした指導をしている。・・・・・とまあこんなような話をしていました。
 ただ、その裏では厳しい厳格なルールを設けていることも話していました。
具体的には、
 ① 2年間で5000mを14分30秒以内で走れるようになること。出来なかった選手はマネージャーなどの裏方に回ってもらう。(事実上の現役引退)
 ② 1軍と1年生、2軍は学生寮も別で指導するのは1軍。   等です。

 よく、肯定的な指導が一番大切!その通りではありますが、基礎力があってこそ、自分がその基準に達してこそ、物事は楽しめてより自主性を持って前に進めるということを改めて感じ取った気がします。どんな物事でも基礎力をきちんとつけていないと楽しむフィールドにも立てないということを、皆さん感じて勉強してくださいね。

文理学院オフィシャルホームページ

10月。

こんばんは、小瀬校の望月です。
10月に入ってメインの城南中・笛南中中間テストになり、昨日は石和・浅川の中3生教達検に挑みました。
しかし、これでホッと一息つけるかといえば、そうではありません。
今月の中旬からは石和中・浅川中中間テストが始まり、甲府市内の城南中・笛南中の中3生には校長会テストが待ち受けています。そうです、勝負の二学期も、いよいよ本格化していきます。生徒にとっても、学園祭や何やらで心身共に疲れが溜まる頃。そこをもうひと踏ん張り出来るように手助けをすること。今は、それが必要なのかなぁ、と感じております。

先週のことですが、そのテスト対策真っ最中に自分が応援するカープの優勝を知りました。セ・リーグのチームではジャイアンツ以来の三連覇を成し遂げたとのこと。こうして、他人が頑張ってる姿に励まされながら、10月を乗り越えていきたいですね。

10月入塾生受付中!
詳しくは 文理学院小瀬校 TEL 055-241-5052 まで!

文理学院オフィシャルホームページ

稲刈りの時期

こんにちは、小瀬校の五味です。
台風の時期も過ぎ、次第に秋めいてきた感じがします。

さて、小瀬地域はここ数年で新しく住宅が立ち並ぶ地域になってきましたが、それでもまだ多くの水田が残っていると思います。
私の実家にも水田があって、昨日の土曜日に家族総出で稲刈り…の予定が、ここ数日の雨でぬかるんでいて、明日に延期になりました。
それでも明日は稲刈りを頑張りたいと思います。

自分にとって、毎年9月にある稲刈りは一大イベントで、静岡に住んでいるおば達も手伝いに来るので、出来る限り参加したいと毎年思っており、加えて、今年の7月と8月に姪が二人生まれたので、彼女たちも明日来るので、会うのがとても楽しみです。
たまに兄弟からその子たちの写真が届きますが、ここ数か月であっという間にすくすく大きくなっていて、赤ちゃんの成長の早さを実感しています。

自分は30を過ぎた歳になりましたが、日々成長できているかどうか、もう一度自分に言い聞かせて過ごしていきたいなあと改めて思いました。

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 小瀬校

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top