Home > 甲府南校

甲府南校 Archive

センター試験が終わりましたね【甲府南校】

こんにちは。

お台場のダイバーシティでまさか、教え子に遭遇
御殿場のアウトレットでまさか、教え子に遭遇
国立競技場でまさか、教え子に遭遇

なにやら
「〇〇場でまさか、教え子に遭遇」のパターンが多いようです。


さてセンター試験が終わりましたね。
入試というものは、勝負の世界。フラットな戦いだからこそ、時には非情にもなるし、時には運が味方になるときもあります。
多くの場合は因果応報。一生懸命、誠心誠意勉強してきた生徒のところに勝負の神様がほほ笑むことが多いと思います。

小学生、中学生の担当なので卒業生の様子も、ちらほらしか聞くことができませんが、
高等部で一生懸命にやってるみなさんの頑張りは漏れ聞こえてますよ!ほんとよくやってる!

二次試験もある!諦めんな!
まだまだ道はある!
ここが終点でも何でもない!通過点だからまだまだ夢に続く道はそこにある!

綺麗事かもしれないけど、
今からまだまだたくさん楽しいことも、辛いこともあるのが人生
だから頑張れ!!

大学受験生の圧倒的な緊張感をもって、高校受験に臨めたら
そしたらきっとみんなすごい結果が待ってるんだろうなって
それくらい段違いの覇気をまとうんだろうなって
今後の2年で何がそんなに変わる…

ん?2年…?まさか笑(詳しくはワンピースを読んでください。)


さてセンター試験で意外に知られていない事実が。
国語のテスト中に定規を使用したら不正行為です。
禁止事項にもはっきりと明記されています。

高校入試もそうですが持っていく筆記用具には十分に気を付けましょう。
当日おろしたてのものはよくないので今のうちから準備しておいて手になじんだものにしましょうね。

なぜ国語で定規使用が不正行為(FNNページに飛びます)
00414270HDK.jpg


甲府南校
村松

文理学院オフィシャルホームページ

1月20日にチラシが出るっ!!【甲府南校】

こんにちは。

今日は昭和校舎で自社刷りチラシの印刷を行なっております。今回は校長会テストの1位と、定期テスト1位の掲載をしています!!

2019011716072440a.jpeg


裏面には中学準備講座の詳細や、文理学院を選ぶべき理由をドンッと紹介しています!

みんな読んでね〜

甲府南
村松

文理学院オフィシャルホームページ

スターが引退。【甲府南校】

こんにちは。

大相撲では
稀勢の里が引退を表明しましたね。
「一片の悔いもなし」という北斗神拳を極めたようなセリフが話題になっています。

稀勢の里 32歳
白鵬 33歳
日馬富士 34歳
鶴竜 33歳

私と同じ世代の人たちが、国技の頂に立ち、けん引している。
こりゃ刺激ですよ。

もっというと、横綱になっているのは、今の私よりも若い時分ですから
ホントこの人たちは立派な人たちなんだなと感心してしまいます。

さてサッカー選手でも有名な人が引退を表明しました。
イングランドプレミアリーグで活躍していましたGKペトル・チェフ選手

同時期に活躍したGKは多く
スペインのカシージャス
イングランドのロビンソン
日本の楢崎・川口
ドイツのレーマン
イタリアのブッフォン
などなど

まぁいわゆる私の青春時代に活躍したスーパースター達なんですが
このチェフ選手
トレードマークはヘッドキャップですね。
GKは身命を賭してゴールを守ります。場合によっては本当に身命にかかわるわけですが
そのポジションで、ヘッドキャップをつけるべきだと主張した人の一人です。

実際、本人はFWの膝が頭に直撃し大けがを負いました。
命にかかわる大けがなのですが、そこから恐怖心もあったでしょうが
見事代表に戻ってくるわけです。しかも超一流の技術のまま。
これは本当に驚きましたし感動しました。

世の中に尊敬できる人、尊敬すべき人は何人かいますが
今日紹介した人たちはみんな、私の中で尊敬している人たちです。

甲府南
村松

1月最終週に保護者会を実施します。
2月は小6生対象に中学準備講座を実施します。

文理学院オフィシャルホームページ

YBS業界研究セミナーに出てきました。

こんにちは。

土曜日にアピオ甲府にて開催されました
業界研究セミナーに出席してきました。

IMG_7099_20190115181717b5a.jpg


2019年度の就活がまだ解禁がされていないので
今回は就活生にとって、こんな業界もあるんだよ~というお知らせでした。
7分間のスピーチというのも、なかなか話始めると尺が足りなくなるのが職業病…。笑
結局最後は30秒で箇条書きみたいな話になってしまったのが反省です。

IMG_7097.jpg

IMG_7098.jpg


3月以降の企業ブースでは、たくさんの就活生と話がしたいです。
この係を担当してから3年くらい経ちますが、毎年「来年こそは…!」という反省があります。

そして現在、採用に力を入れている企業とそうでない企業との間で、末永く続く企業か否かの差が大きく出ているのも事実です。もっともっと新卒採用、中途採用など様々な形で採用活動に力を入れて、情熱あふれる人財を、未来を担っていく人財を文理学院の仲間として迎えたいです。文理学院のいいところ(のひとつ)は、校舎の裁量もそうなのですが、各部門で取り入れたいツールや仕事がある場合発案者が立場がある人であろうと、私みたいなペーペー(古い?)だろうと、、理にかなっていれば意見を聞いてもらえるというところです。

責任をもって仕事したい人はぜひ文理学院の門を叩いてみてください。

甲府南
村松

文理学院オフィシャルホームページ

象牙を取り締まっていたらまさかマンモスが…!?【甲府南校】

こんにちは。

みなさんマンモスってご存知ですよね?
絶滅しているはずの大きな生き物です。
そう、あのマンモス。

それがなんと
カンボジアでDNAが発見されたんですよ。

いやいや化石とかからではなくて
ついこの間まで生きていた象(だと思われていた生き物)の牙から検出されたんです。

つまりマンモスが生きていた可能性があるのです。(驚)

しかもマンモスって寒い地方の生き物なのですが…
まさか熱いカンボジアで見つかるなんて

象牙は象を殺して手に入れます。
悪い人はわざわざ象を麻酔で眠らせて…なんていうことはしないそう。
コストがかかっちゃいますからね。悪いですね。

年間で3万頭もの象が殺されているという発表もあります。
人間の欲しいもののために命をむやみに奪われるなんて悲しいことですね。
またフランスではこの間、動物園にいたサイが殺されて角が切り取られていたそう。
動物園にいる動物まで狙うのか…あくなき欲にはすっかり呆れてしまいます。
ですからチェコの動物園では、悪い人に狙われないように麻酔で眠らせて、あらかじめ角を切ったそうです。
人間のせいで肩身の狭い思いをさせてしまっているチェコサイ君はかわいそうです。

象牙の密猟の悪質性については別の機会があればたっぷりお話をさせていただくとして…


知らなかったことを知れるのって本当に素敵なことです。
地球がどうやって発生したのかとか、生命がどうやって生まれたのかとか
現代には化石すら残っていないけれど太古の昔にはいた生物の存在だとか


そういう惑星の記憶ともいえる、まだ未知の太古の研究ってかっこいいですね。
いろいろ知りたいな。

そうか、これが不思議アタマなのか…!!


甲府南
村松

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 甲府南校

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top