Home > 都留本部校

都留本部校 Archive

座る力

 座力という力があることを知った。学者や芸術家は長時間椅子に座っている能力が欠かせない。それを「座力」というそうだ。国語辞典にも広辞苑にも載っていない。ヘブライ語で「コーアハ・イェシヴァー」というそうだ。(岩波新書『旧約聖書の世界』池田裕)ユダヤの人々は幼いころから聖書の勉強などで「座力」が鍛えられる。ユダヤ系の人々から優れた学者や芸術家が多く輩出される一因かもしれない。マルクスは大英博物館図書部門(現大英図書館)で30年間同じ席で勉強し続けた。机には肘をついた跡が残っているそうだ。(本当かどうかは定かではないが)※私は共産主義者ではありません。
 詩人の長田弘さんの著書に「読書のための椅子」という章がある。(「読書からはじまる」NHK出版)この読書の達人が「読書のためにいちばん必要なのが何かと言えば、それは椅子です」といって椅子を論じている。

「いい椅子を一つ、自分の日常に置くことができれば、何かが違ってきます」

 寝そべって読む癖がついたのはいい椅子に巡り合わなかったせいか。そう思ったりもする。
 昨年、家族の反対を押し切って、こたつを処分し椅子の生活に変えた。子どものために高価な椅子も購入した。その効果は座して待つこととしよう。
                                                                          Y.A

文理学院オフィシャルホームページ

頑張れ!受験生

 2月10日(土)、3連休の初日に中学3年生対象に

プレ入試を実施しました。

 プレ入試とは入試本番を想定して、入試と同じタイ

ムテーブルで実施する模擬試験です。この模擬試験

を通じて、試験と試験の間の時間の使い方や、少し

でも本番で緊張せずいつも通りの力が発揮できるこ

と狙って毎年実施しています。

 
 そのプレ入試の結果が昨日出てきて、都留校舎の

受験生は今考えている志望校に対して、合格ライン

の得点はしっかり取れていました。ですが、合格ライ

ンギリギリの生徒もいますので、

残り3週間、everyday 文理 で頑張らせたいと思いま

す。

文理学院オフィシャルホームページ

雪かき。

昨日、今日はついに「公立高校の前期入試」でした。
受験した生徒さんたちは、直前の直前までしっかりと「前期対策」に臨み、万全の準備をして受験に向かっていったので、
きっと大丈夫のはず!
一週間後、うれしい報告を聞かせてくれることを楽しみにしています。

ところで、昨日、今日と雪が降り、今日は一日雪かきをしていました。
雪かきをしながらふと思ったことですが、「雪かきと勉強は似ている」ということです。

雪は、放っておくと知らぬ間に固くなってしまったり、予想以上に積もって動けなくなったりと、
後回しにするとかくのが大変になります。

これは勉強も同じではないでしょうか?
例えば、課題を一日分やらないと、次やる時には2倍やらなくてはいけなくなります。そして、いつもより覚えることが多くなると、その分忘れるのも早くなります。

だから、勉強も、雪かきも、早めにやることが大事!
きっと他のことでも大事だと思うので、やろうと思ったことはすぐやろう!

文理学院オフィシャルホームページ

熱い情熱!

昨年の暮れに教え子に会った。

トヨタ自動車の電池・FC生技部 第1開発室で研究しているそうだ。
簡単にいうと燃料電池車ミライを研究開発している部署だ。
彼は中学校3年間すべてのテストで学年1位をとった秀才で、定期テスト対策中には1番最後まで残って勉強していた。
「エンジニアになりたい」と帰りに送っていく車の中で将来のことを熱く語っいたことを今でも覚えている。
高校、大学・大学院でも人一倍努力したに違いない。

将来何になりたい?と聞くと明確に答えられる生徒は案外少ない。(私自身も中学生の時には明確な目標は持ってはいなかったが)○○高校に行きたい、○○大学に入りたい、とは言うが、職業まで明確に答えることはあまりない。
そんなに速い段階で選択肢を狭めなくてもいいのでは、という意見もあるが、子供のころは神童と呼ばれたが、大人になったら凡人になる例が多いのは勉強して進学すことが目的になってしまっているからだろう。
あくまでも、進学は手段であり目的ではない。

若い人には明確に将来のビジョンもって努力してもらいたい。そして、熱い情熱(パッション)を持ち続けて欲しい。


Y.A

文理学院オフィシャルホームページ

学力コンクールってすごいね!

 本日、小学6年生対象に学力コンクールが行われ

ました。

何と小学6年生は中学入学まであと約3ヶ月。残された小学校生活は

それほど長くはありません。今日行われた「学力コンクール」では小学

生の時に学習した内容のどこが弱点になってしまっているのかを調べ

ることが出来るんです。しかも、何年生のどの単元が苦手になっている

のかまで診断することが出来ます。ですので、中学入学までの限られた

期間、苦手な所を優先的に復習していくことが出来るんです。

すごくないですか!


小学6年生はこの3ヶ月の過ごし方で中学最初のテストの結果が大きく

左右すると言ってもいいでしょう。そこで、文理学院では、2月の1ヶ月間

を利用して小学生内容の総復習をしていく中学準備講座

を実施していきます。期待に膨らむ中学校生活。万全の準備をして臨み

ましょう!


 「中学準備講座」の日程は下記の通りになります。お気軽にお問い合わ

せ下さい。

tsurutsurutsurutsurutsurutsurutsurutsurutsurutsurutsurutsurutsurutsurutsuru

【小学6年生対象】 中学準備講座のご案内

●日程:2月2日(金)~2月28日(水)の期間

●科目:国語・算数 <火曜日と金曜日>
       英語   <水曜日>

●時間:5:00~6:30 <45分×2コマ>

tsurutsurutsurutsurutsurutsurutsurutsurutsurutsurutsurutsurutsurutsurutsuru

文理学院オフィシャルホームページ

Home > 都留本部校

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top