Home

文理学院

富士宮西校【笑顔が一番!!&明日への力】

今日も中3のMさんが午後4時前にニッコリ素敵な笑顔を浮かべて、やってきました!!

「なんで笑顔なの??」なんて聞いてみると、

「今日は私が一番乗りだと思ったからです☆」

笑顔で来てくれると、私たちも嬉しいですし、出迎えるときも非常に気持ちいいですよね!!やはり笑顔は周りにプラスの影響を与えると思います!!

授業がある日もない日も関係なく、大富士から自習に来てるMさんです。非常に前向きに勉強し続けており、苦手な数学では、
夕方のゴールデンタイムに理系担当を捕まえて質問してじっくりと理解を深めています!!

最近はこのゴールデンタイムを上手に利用している生徒が増えています!!

ブログ効果かな??いやいや、授業でもお話してます。しっかりとアドバイスを聞いて自分のことと捉えて行動できているのが素晴らしいなと思います。もちろん最寄りの四中生も多く来てますが、二中や三中、大富士、北山と言った中学からもドンドン生徒が自習にきますので、自習室も毎日のようにパンパンなんです。

昨日もお知らせしてますが、もう一度お伝えしておきます☆
明日は午後1時OPENです!!!

特に大富士、根北のメンバーはカモ~ん♪♪

家で勉強できない生徒は自習室の利用を積極的にしてください。お家で勉強する生徒もいると思いますので、各自学校のワークや文理の課題をきっちりとやりましょう!!

冬期講習の説明会が今週も行われます!!

11月17日(土)
夕方6時からです!!


もうすでに20名近い受付リストになってきました。
お早めにご連絡くださいね!!


特に中1、中2は定期テストとは違う、学調に向けての対策授業です!!自分ではなかなか勉強するのが大変なところですから、文理オリジナルのテキストを使って重要箇所、頻出ポイントに
絞って完全学調対策を行います!!


しかも、、、

生徒のみんなにとって、ありがたいことに

5教科全部やりますよ!!!


国語って自分で勉強しにくいですよね??
社会や理科の記述問題、自分で正解か基準が分かりますか??
英語の作文は??数学なら証明は??


それらを文理では解決できるようお手伝いします!!

では明日も気合い入れて、イイ顔でイイ気持ちで勉強しましょう【ホ】





文理学院オフィシャルホームページ

さあ3年生、頑張りましょう!!

先日、健康診断を受けて、不健康人間の烙印を押された今川です。

実は、数年前から血圧が高めでしたが、昨年に引き続き今年も血圧が高い!!と指摘されました。(体重も、年々順調に増加中)
昨年も要再検査と言われましたが、
「へん、そんなもん大丈夫大丈夫」と簡単に考えていたので、病院に行きませんでした。
そこでの今年の健診結果。
医師からコンコンと現状の悪さをいわれ、そこに家族の姿が映り
さすがにまずいと思いました。
そこで! 運動を再開しました!!
(一昨年まで毎日運動を行っていましたが、腰痛が起きたのをきっかけにやらなくなっていまいした)
普段、中学生に「勉強を頑張ろう!!」なんて言いながら、自分が健康についてなにも頑張っていなかったことに猛烈に反省です。
さあ、先生も頑張ります!中学生も頑張りましょう!!
特に3年生!! 
最後の期末テスト第2回校長会テスト入試へ向けて、がむしゃらに頑張りましょう!!

文理学院オフィシャルホームページ

小学5年生女子、頑張ってます!



11月13日(火)午後6時45分
小学5年生女子2名が
自習に残っています!
二人とも漢字の勉強をしているそうです。

小学5年生から自習ができるなんて
素晴らしいです☆

中学生になるのが楽しみですね!

中野

文理学院オフィシャルホームページ

長田校 「取り組み方」

長田校 ブログ担当の望月です。
長女(中1)の体調不良も良くなり、午前中は久しぶりに一人の時間となりました。
・・・結局、有意義な時間にはならず、寝ていました。(ある意味、体には有意義な時間?!でしたかね。)

「取り組み方」
今回のテスト対策の様子を見ていて、改めて大切だと感じたのが、「取り組み方」です。
(まあ、何事においても同じなのですが)
いい例
①自分から積極的
②苦手な科目を早いうちから
③質問が的確
④言われた通りのやり方を実施する
⑤塾以外でもやっている

悪い例
①やらされている
②得意なものをやり続ける
③全部わからないと言い出す
④自分のやり方を貫く
⑤塾でしかやらない

・・・要するに、いつもの失敗を繰り返す、悪い例のパターンの反対をすればいいのです。
(自分ももちろん、完璧ではありませんので、偉そうなことはいえませんが、)
子供にテスト前、携帯を我慢させるのであれば、親がその姿勢を見せない限りは何の説得力も持ちません。
親が携帯をいじりながら、「いつまで携帯いじっているの?」なんて言われたら・・・子供はいうこと聞けません。
反面教師という言葉もありますが、それでは「ああいう親になりたくない」という意味ですから。

まだ直前ですが、今からでも挑戦しましょう!!
中学生の皆さん、あと少し!!!頑張ってね。

今日はここまで。

文理学院オフィシャルホームページ

中原校(532回):【非認知能力】

入試面談・入社試験

今日はある方と入社面談しました。
ここ最近、中途で文理にご入社いただく方が増えてきています。
お会いする方とはじっくりと話をさせていただいています。特に「文理の教育理念」についてご理解いただくために、現場の具体的な話をさせていただいております。現在は「ホームページ」、「マイナビ転職」、11月末から「indeed」からも文理学院の求人サイトにアクセスいただけます。校舎展開を早めていきたいこと、組織づくりをより強力に進めていきたいことなどから、社員募集に更に力をかけていきたいと思います。また、10月より「大学新卒者募集」についても新しい試みをしているところです。10年後の文理学院を見据え、若い力も大々的に募集していきます。



非認知能力

文理のホームページ、「各地区責任者より」のコーナーで、一瀬さんが書いていました「非認知能力」。言い方を変えれば「内面の力」は非常に重要です。ここ数年、静岡・富士・富士宮地区12校舎の保護者会では、このことに触れてきました。たとえばSLANTであったり、GRITであったり。

①目標に向かいやり抜く力
②忍耐力
③コミュニケーション能力
④感情をコントロールする力
⑤誠実さ

などが「非認知能力」の具体的なものですが、それは幼少期から培う必要があるようです。ある文書から「非認知能力」を高めるための方法を箇条書きで紹介しておきます。

1.継続と反復で「自制心」を鍛える
2.普段から「気づき」を意識する(自分の内面も)
3.「自分に合うコミュニケーションの型」を見つける

上の3つ以上に具体的にはここには書きませんが、読んでいていろいろ思うところがありました。私の周囲の人間でもここにあるような「非認知能力の高い人」とは安心して仕事ができたり、信頼して仕事や人を任せることができるように感じます。組織づくりをする際には、この「非認知能力」の高い人をリーダーにするべきだと考えるのは私だけではないと思います。「そのような人材を育てることも組織の仕事であり、どの組織においてもそうでない人材を要職に登用するような失策をしないことも組織の仕事でもある」と改めて感じる文章でした。


KIMG6472.jpg
※先日、いい店みつけました。

追伸:さて、吉原校の英語に行くか。明後日は吉原一中がテスト!!最後の質問対応をがんばります。そして明日は早朝に発ち東京へ。グループ役員会議というものに出席し、いろいろと勉強してきます。昼食時にも2つ打ち合わせが入ったので、朝10時過ぎから夕方5時過ぎまで、隙間なくお仕事です。・・・こんなところで「非認知能力」の高さ??低さ??が試されるのでしょうか・・・。あ!!そうそう、今日はいきつけのお店で「カウカウ」のお2人に遭遇。写真を一緒に撮ってもらったり、握手をしてもらいました。なんかとても嬉しい気持ちになりましたね~。私が遭遇した有名人リストに加えさせていただきました!その中でNo.1は膳場貴子さんです(笑)。

文理学院オフィシャルホームページ

Home

携帯への登録はこちらから
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top